2021/04/02 04:45

市道 曽木の滝土瀬戸線の改良工事について

ご存知でしょうか

伊佐市衛生センター(きらり館)と市道曽木の滝土瀬戸線の改良工事の背景

 前隈元市長が伊佐市の負の施設の承諾してもらう条件として、市道 曽木の滝土瀬戸線の拡幅工事完了を衛生センター(きらり館)完了時までには道路工事を完了させると約束しましたが、衛生センターが完成しても計画測量も未着手状態で、この為 集落全員の署名押印をした陳情書を提出して、ようやく測量が始まり拡幅工事は多額の経費になる為、現舗装のやり代えと併せ側溝の敷設代えし蓋をする工事なら、年300mで10年以内に完了できる説明。(この時点で、公約違反)

 市道 曽木の滝土瀬戸線の改良工事が着手したのが、衛生センターが完成(平成30年7月稼働)した1年後の令和元年(平成31年度)で300m、2年目は令和元年度165m、3年目の令和2年度は中断してます。

 12月議会で親交のある市議員に依頼し、議会で質問してもらったところ、コロナ関係で予算がないとの回答で集落住民への中断する説明会は、いまだに無い状況で、12月29日に担当係長が自治会長へ口頭で予算が無いので中断するとの回答がありました。(市長との公約を遵守出来ない市の対応に疑問)

 2月に2回目の陳情書を作成し集落全員の署名・押印し、早期着工と早期完成、広域農道(黄金ロード)取付合流地点が危険性があるので安全対策を求めました。

 陳情書は、議会事務局で受付され3月議会で議長さんの判断で全議員に陳情書の写しが配布され継続審議扱いで本格審議は6月議会になるようです。

 このようなことから、4月1日となり令和3年度がスタートしたことから現状把握の為、伊佐市建設課へ伺ったところ建設課長は退職、担当係長は異動した為、新課長、新係長へ今後の計画や市道と衛生センターの因果関係を把握しいるかの確認の為、色々質問してもまだ回答できる様子でないので、4月4日(日)に集落の初会を行うのでその時に報告したいので、今後の計画を示すよう要請。(回答は4/2金で了解)

 橋本欣也 市長さんと面会

 アポイント無しの面会にも快く対応して頂き感謝しました。

 市長さんの高校時代の級友と私は以前県庁時代の同僚で昔話で盛り上がったところで、①衛生センターと市道改良工事の背景 ②市道改良工事が中断している事 ③黄金ロードと市道合流地点の安全対策 ④明日4月2日に建設課長から、今後の進捗管理など陳情書に沿った回答を求めている事 ⑤これらについては、今後 私のHPで記録公表することなどを伝えました。

 回答 市道と衛生センターとの因果関係は理解したので、ご要望に沿うよう努めます。との回答を得ました。

         以上 私 行政書士 大野享美事務所は 行動力と実行力で今後も活動していきますので。