ブログ Blog

2018/05/07

境界線をきちんと引く。

チャネリングで高次の存在から受け取ったメッセージをシェアします。

 

 

 

 

「いくら『誰かの為に』と思っても、個々の運命によって避けられない出来事というものがあります。

人の運命に闇雲に介入すべきでもありませんし、かと言って思い遣りを持たな過ぎるのも良くありません。塩梅が大事です。

手助けし過ぎてもいけませんし、甘え過ぎてもいけません。

他人に不必要に介入し過ぎるべきではありませんし、受け入れ過ぎてもいけません。

 

個々に自立しているべきで境界線をしっかり引くべきなのです。

 

この塩梅を掴めきれていない人達は自分達で自分達を苦しくしてしまっています。」

2018/05/07

立ち込めるワイン臭。

過発酵させてしまった自然栽培のぶどうの実を現在煮詰めております。

 

もはやブドウの香りではなくワインの香り。

 

これは完成したら自家製果実ジュースにします❊ˈ‧˚⁺⋆

2018/05/07

道の駅出店を終え...

怒涛の道の駅出店が終わりましたー!ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

*写真は子供の日の仮装大会”魔女の宅急便のキキ”と”リトルマーメイドのアリエル”

 

 

 

 

人生初体験となった農家として飲食で連続の屋台出店。

カウンセラー時代はナマステインディアや癒しフェアなどでインド占星術で出店はした事ありますが...(これはこれで一日中魂込めたカウンセリングを休みなくひっきりなしにするので超大変でしたが(*_*))

 

 

 

いやぁ、かなり体力と気力を試される出店となりました。。

子供の日の夜から最終日にかけて具合が悪くなり、最終日はいつも起きる朝4:30に起きれなくて、出店を休もうかとすら思った程でした。

 

仕込みは途中だったけど出店は仕込みながら何とか出来たし、連日仕込んだ分は完売させましたし、最後まで乗り切った自分を褒めてあげたいです!!(>_<)

 

 

 

 

 

G.Wの死闘を共に乗り越えた菜友館さん(+えり)、本当にほんとうにお疲れ様でした。そしてありがとうございましたm(_ _)m

 

 

  

 

 

 

それから、近隣の出店者さん達もお世話になりました。(写真はG.W後半ずっとお隣さんだった『山の岩魚やさん』の看板娘うららちゃんと☆

IMG_6671.JPG

*ディズニーのミニーのお揃いファッション♬

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、いちご達は後はお化粧を残すのみとなりましたよ(#^.^#)

IMG_6668.JPG

*このいちごは家の玄関前に置いてある鉢植えですが、畑のいちご達と成長速度は同じです。

 

 

 

 

明日か明後日に自然栽培の麦わらを森川さんから戴き、マルチを張っていないイチゴのエリアに敷く予定です(*^^*)

2018/05/04

《のと風ふぁ〜むのポリシー》を追加しました。

トップページのメニューバーに《のと風ふぁ〜むのポリシー》を追加しました。

http://r.goope.jp/feelwindofnoto/free/policy

 

 

のと風(かぜ)ふぁ〜むの農園主:水野早乙美(さとみ)です。
私の根底にある想いをここで皆さんにシェアします。
私はこの半生でたくさんの地球上で起きている”悲劇”を目の当たりにしてきました。
それはすべて人間によって起こされており、その犠牲になっているのはとても純粋な生命達です。純粋な人間の子供たち、動物たち、木々などの自然環境や母なる地球...。
ここで正直に話しますと、私は加害者側である人間でもありますが、その人間によりも犠牲になっている声を上げる事が出来ない存在達に幼少期から深く共感してしまう性質でした。
彼らの現在晒されている環境は地獄そのものです。
その実情を知って何も出来ない自分に人生で何度も失望してきましたし心や精神を痛めてきました。
そんな中でとある本に出逢いました。
ご存知の方も多いかと思います。
『ハチドリのひとしずく』という本です。
この本に登場してくる”クリキンディ”の勇姿に無知な私は救われました。
「わたしはわたしにできることをしよう!」と強く思ったのです。
今でもこの言葉は私の人生の座右の銘です。
「わたしはわたしにできる形で、環境や子供たちやすべての生きとし生けるものにとって平和で幸せな世界を自分から創っていく」
その方法がまさに《自然栽培農家になる》ことでした。
もう1冊、私が自然栽培農家になる大きなキッカケになった本があります。
『アナスタシア(ウラジーミル・メグレ氏著)』です。
この本に登場してくるアナスタシアやアナスタシアの一族の叡智に私は感銘を受け、現在私は自然栽培にプラスして彼女達が話す智慧も作物の栽培に取り入れています。
その智慧を元に、以下の方法で私が栽培する(主に)ベリー類はご提供する方針でおります。
果物の中でも特にベリー類は収穫してからほんの数分で味はもちろんの事、エーテル体と言われる目には見えない氣(エネルギー)の部分が大きく変化してしまう繊細な食物です。
水野のいちご(ベリー)は人間の身体や精神にとって可能な限り有益となる形でご提供したいとの想いから、基本的には①収穫体験イベントでその場で召し上がって頂く②収穫したてのいちごを加工場ですぐに加工品にする③数量限定の予約販売は個々のお取引先様やお客様に水野のポリシーをご理解頂いた上でなるべくその日中に加工品にするか召し上がって頂く
という形を取らさせて頂いております。
このような方法で農作物を販売しているところは全国でも他にないかもしれません。 ですが、このような販売方法が未来の農の常識になることを私は心から願っています。
これは私にとっても農業の世界にとっても新しい挑戦です。その最初の一歩を共に歩んでくださる”同志”となって下さる方々と未来の地球の為に手を取り合い進んでいきたいと強く思っています。
水野 早乙美

2018/05/04

イチゴ達のいま❊ˈ‧˚⁺⋆

のと風ふぁ〜むのイチゴ達、いよいよ赤く熟す前のカウントダウンに入った感じです(ૢ›◡‹ஐ)

 

IMG_6657.JPG

IMG_6659.JPG

IMG_6658.JPG

 

 

お花→花弁が取れる→受粉された花托(かたく)が膨らんでくる→緑色のイチゴの形になる→大きくなりながら白い色に変わっていく【←今ココ!】→白色から徐々に赤く色付いていく→真っ赤になって完熟☆

 

 

 

 

 

 

 

はぁ(//∇//)。

 

赤い実が待ち遠しい...♡

 

 

 

 

 

 

 

 

ベリー水野の自然栽培のイチゴ、下記の形でご提供する予定です↓ 

http://r.goope.jp/feelwindofnoto/info/2022494

 

 

 

こちらの方法以外でも、方々から有り難い事に「水野さんのいちごを使いたい」というお声を戴いており、個々の皆さまとそれぞれより良い形でお取り引きをしたいと思っております❊ˈ‧˚⁺⋆

ひと粒単位でのご提供という形も考えていたりコラボレーションといった形で価格を検討したりもできますので、是非ご興味のある方はお気軽にお問い合わせ下さいませ(*^^*)

 

私のポリシーもご理解頂いた上で、持続可能な関係を共に築いていって下さる”同志”と手を取り合い進んでいけたらと思っております。

1 2 3 4 5 6 7 8 9