ブログ Blog

2017/12/22

はくい式自然栽培部会の会議&懇親会でした☆

今日は夕方から羽咋の自然栽培部会の会議&懇親会でした(=^ェ^=)

 

 

 

 

およそ30名の自然栽培農家さんが集まり、今年のお米や作物の実績報告がJA側より行なわれました。

 

 

 

その後の懇親会では、日頃中々ゆっくり話す事が出来ない諸先輩方の皆さまから励ましのお言葉や労いのお言葉を多数頂き、皆さまのお優しいお心遣いに涙してしまう場面もありました。

 

 

 

皆さん、きちんと見ていて下さっているんです。

「私のやっている事は誰からも理解はされていないだろうな。。」と勝手に思い込んでいたから、こんなに優しい想いを持って見守っていて下さる方々がいたという事がとても嬉しい驚きでした。

 

やはり羽咋の皆さんはお優しいのです。

 

 

 

 

 

 

来年はもっと肩の力を抜いて頑張って両立させていこうと思います(^O^☆♪

 

 

 

 

 

 

今日は冬至ということで、お米農家の前田さんから枝つき柚子を戴いてしまいました✧*。

 

IMG_5322.JPG

柚子湯に入って身体を温めたいと思います(๑>◡<๑)

 

皆さん、本当にありがとうございます♡

 

 

 

 

 

 

 

さて、明日から例の『リトリート期間』に入ります☆

 

基本的にこの期間は、電子機器は仕事やプライベートの連絡が必要な時以外は使いません。

 

そして、ブログも更新しません。

 

 

 

 

 

明日からケイタイは”携帯せず”に過ごす予定です。

(流石にJAで仕事をする日はそうはいきませんが・・。)

スマホは完全にうちに置きっ放しになりそう。(私はガラケーとスマホの2台持ち。それで月々かけホーダイ込みインターネット利用もできて2台で4000円ちょっとの利用料なのです♪)

 

 

 

 

 

近しい方々へ。

そういう訳なので、メールやLINEやTwitterメッセージなどの水野のレスポンスが極端に遅くなります。急ぎの際はお電話下さい。

 

 

 

 

 

 

ブログ読者の皆さまへ

皆さま、2017年は大変お世話になりました。良いお年をお迎えくださいませ❊ˈ‧˚⁺⋆

 

 

2017/12/21

充実でした✧*。パソコン複式簿記講座!

二日間みっちり学んできた複式簿記☆

 

 

複式簿記という言葉、聞いたことはあるけどもよくわからないという方に簡単にご説明致しますと、

 

個人事業主や法人の方が一年間の収支を税務署に知らせる(確定申告をする)際に、2種類の申告様式があります。

《白色》と呼ばれる様式と、《青色》と呼ばれるもの。

白は、家計簿のように収支だけをつけた帳簿があれば申告が出来てしまいますので、知識が無くとも大抵問題なく申告できます。

青は、”仕訳”という作業によって貸方借方という2つに分けて特別なルールに従って収支を記録・整理し、それを元にいくつかの台帳を作成して申告が必要です。

この青色申告をする為に必要なノウハウ、それを『複式簿記』と言います。

 

 

 

 

今までフリーランスでイベント業界にいた時から白色でずっと確定申告をしてきたのですが、新規就農者になる際に市役所から青色申請を推奨されました。

昨年今頃にもハンドメイド作家になった際に受けた確定申告講座にて、「やはり青色申告の方がダンゼン良い!」と理解していましたので(控除の金額が全然違うのです)、今年新規就農者認定を受けたタイミングで青色申請を税務署にしました。

 

 

 

 

今日昨日と二日間複式簿記を学んだお陰で、簿記のイロハとパソコンでの仕訳作業を吸収してくることができました(*^o^*)✧*。

 

 

農家さんの大多数が使っているという農業に特化した『ソリマチ』という簿記ソフトがあるのですが、そちらのソフト指導者の方が今回1.5日間参加者にパソコン複式簿記を教えて下さいました。

 

 

私はパソコンがMacの為、残念ながらソリマチの簿記ソフトはインストール出来ません。(ソリマチはWindowsのみの対応)

この二日間は先生からパソコンをお借りして勉強&作業をしました。

 

 

実は既に今年4月にクラウド型のパソコン簿記サイト『MFクラウド』に登録して既に打ち込みをしていたのですが、「なんとな〜く」で使っていた為、確定申告まで不安がありました。

 

 

今回の講座を受けた事により全体像が理解できるようになりましたので、安心してMFクラウドを利用し続けられるなぁと思っています(*^^*)

 

 

 

複式簿記、難しいイメージがあるかと思いますが、きちんと学べば思っていた程難しくはありません^ ^

ただ、やはり手間がかかるのに変わりはありませんが(^^;;

 

 

 

 

また2月に仕上げで【複式簿記講座】と【個別相談】の日がありますので、それまでに今年度の仕訳&打ち込み作業を頑張りたいと思いますo(`ω´ )o

 

2017/12/20

担い手農業経営講座【簿記】に来ています☆

本日から丸二日間、七尾の農林総合事務にて簿記講座を受けてきます(=^ェ^=)

 

IMG_5313.JPG

こういう講座を新規就農者に向けて開催して下さるのは大変有り難いですよね。

 

 

一番苦手な分野なので、二日間みっちり学んできたいと思います!

 

 

午前中は簿記【基礎編】、一番先頭のポールポジションに座りました(^O^☆♪気張る!

IMG_5314.JPG

2017/12/20

恋愛について。

今日は体調不良で仕事を早退して早くに病床に伏せっていた為、今頃になって中々寝付けないという事態に陥っています。。(ー ー;)

 

 

 

 

先ほどアップした記事の続投のような形になりますが、バカ正直者の私の恋愛観も少しシェアしたいと思います。

 

 

 

かなり曲がった事が嫌いな私ですので、もちろんの事ですが不倫や不義・密通など言語道断なのは当然のこと、現在の結婚という偽物の愛を助長する”契約制度”にもあまり良い印象を抱いていません。

だからと言って結婚を否定している訳ではありませんし、人様の恋愛・結婚に対しての批判でもありません。これはあくまでも自分自身の事に対してです。

 

 

私は何よりも《真実の愛の成就》を今生で果たしたいと思っています。

 

 

それが果たせないのならば一生独り身でいた方が良いとすら思っています。

形だけの、体裁だけの嘘物の結びつきにまったく興味がありません。自分が不幸になるだけなので。

 

 

そして、肉欲・執着を愛情と混同もしない、というかさせないようにしています。

 

 

 

 

セックスしたい=その相手を愛している

ではない(特に男性)事、多くの方が理解されていらっしゃる事と思いますのであまり多くは語りません。

 

 

男女共にお互いの関係ですぐにセックスに走るというのはあまりにも短絡的だと思います。

本来必要な道程がかなりはしょられてしまいます。

これはあくまで【純粋な愛で結ばれた男女関係を築く】ことが前提の概念ですが。

 

ラクですよね、確かに。すぐ身体の結びつきを持つのは。男女共に。

でも長い人生でそれをしてしまったカップルがその後どうなっていくのかを私は識っています。だから私は選択しません。

だからと言ってセックスを否定している訳ではありませんので勘違いしないで下さいね。(セックス観もかなり特殊なのでここでは敢えて触れません)

 

 

 

 

 

 

それから、私は『恋愛ゴッコ』が好きではありません。

相手を嫉妬させるとかそういう駆け引き?的なことをされると、「うわぁ。。」と内心ゲンナリします。

多いんです、すごく。

自分の純粋な気持ちをストレートに表現してきてくれるのはそれがいくら不器用でもカッコ悪くなってしまっていたとしても、その心構えそれ自体がかっこいい。男前だなと思うんです。(だからと言って気のない方からのアプローチには一切乗りませんが)

 

それなのに最近の男子は何故か”ゴッコ”が始まるんです。バレてないと思って駆け引き的なことをしているかもしれませんが、恋愛経験をそれなりに踏んできた女から見たらそれは恥ずかしい程にばればれだし、超カッコ悪いと思います。女々しい以外のなにものでもない。「男らしくストレート食らわせてこいよ!」と、そんな小手先プレイをかましてくる男子に興ざめします。

 

悪いけど、そんなゴッコに乗るほどこちらは暇ではない。

嫉妬=愛情を測るバロメーター

とか、私の中にはそれ自体の概念がないのです。

そもそも、人は愛情が無くても嫉妬しますからね。小さな子供が自分の遊んでいた公園の遊具に執着して他の子に取られた!って泣くのと一緒の原理が男女間にも発生しますから。

これはただの執着心。仏教の教えで言うと”煩悩”であり捨て去るべき欲。

欲に踊らされないように、煩悩を滅する為に、日夜修練している人間からしてみたらそれがいかに無意味なことなのかご理解頂けるかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

私はかなり自分の恋愛観が現代のそれの常識から外れている、と言うかマイノリティだという事を充分理解しています。

 

ある意味恋愛ですら修行的なのです(~_~;)

 

【真実や愛に一切の妥協をしない】

 

バカ正直。

 

これがわたし。

 

 

 

 

生き辛かろうがこのまま生きていきます!

だって、私は諦めていないから(=^ェ^=)《ホンモノ》を掴むことを✧*。

2017/12/19

私はこの方法でしか生きられない。

私は【卑怯】や【弱さ】や【不義】を容認できない。そういう性質である。

 

(卑怯な”人”とはしない。一個人に焦点を当てたところでその本質は無くならないから。)

 

 

 

上記の”質”(サンスクリット語でプラクリティと呼ばれる)で溢れかえっているこの世の中。

 

 

それと真正面から向き合い続けなければいけない事にこの半生で何度か疲れ果てたこともある。

 

 

 

その度に自分自身を癒し、「強くなろう!」と鍛錬を繰り返してきた。

どんな事象への対処法も「結局自分が強くなるしかない」と思っている。

 

 

 

 

 

私はバカ正直にしか生きられない。

 

 

 

不正や不義は本来の健全な形に戻したいとやはり思ってしまうし、残念ながら自分の力量不足でそれが私の力では難しいと判断したならば、私は私自身を2次被害者にしない為にもその場から離れる選択をしなければならない。

だってそれを選択する事を決めているのは私ではなく”そこにいる人達自身”であり、私にはその選択を変える事は決して出来ないから。

「変えられる!」と思う事こそ私自身の驕りである。

 

 

 

 

だから私は常に私自身と向き合い続けるべきなのである。”外的事象”とではなく、”自分自身”と。

 

 

 

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9