のと風ふぁ〜むのポリシー

のと風(かぜ)ふぁ〜むの農園主:水野早乙美(さとみ)です。
私の根底にある想いをここで皆さんにシェアします。
私はこの半生でたくさんの地球上で起きている”悲劇”を目の当たりにしてきました。
それはすべて人間によって起こされており、その犠牲になっているのはとても純粋な生命達です。純粋な人間の子供たち、動物たち、木々などの自然環境や母なる地球...。
ここで正直に話しますと、私は加害者側である人間でもありますが、その人間によりも犠牲になっている声を上げる事が出来ない存在達に幼少期から深く共感してしまう性質でした。
彼らの現在晒されている環境は地獄そのものです。
その実情を知って何も出来ない自分に人生で何度も失望してきましたし心や精神を痛めてきました。
そんな中でとある本に出逢いました。
ご存知の方も多いかと思います。
『ハチドリのひとしずく』という本です。
この本に登場してくる”クリキンディ”の勇姿に無知な私は救われました。
「わたしはわたしにできることをしよう!」と強く思ったのです。
今でもこの言葉は私の人生の座右の銘です。
「わたしはわたしにできる形で、環境や子供たちやすべての生きとし生けるものにとって平和で幸せな世界を自分から創っていく」
その方法がまさに《自然栽培農家になる》ことでした。
もう1冊、私が自然栽培農家になる大きなキッカケになった本があります。
『アナスタシア(ウラジーミル・メグレ氏著)』です。
この本に登場してくるアナスタシアやアナスタシアの一族の叡智に私は感銘を受け、現在私は自然栽培にプラスして彼女達が話す智慧も作物の栽培に取り入れています。
その智慧を元に、以下の方法で私が栽培する(主に)ベリー類はご提供する方針でおります。
果物の中でも特にベリー類は収穫してからほんの数分で味はもちろんの事、エーテル体と言われる目には見えない氣(エネルギー)の部分が大きく変化してしまう繊細な食物です。
水野のいちご(ベリー)は人間の身体や精神にとって可能な限り有益となる形でご提供したいとの想いから、基本的には①収穫体験イベントでその場で召し上がって頂く②収穫したてのいちごを加工場ですぐに加工品にする③数量限定の予約販売は個々のお取引先様やお客様に水野のポリシーをご理解頂いた上でなるべくその日中に加工品にするか召し上がって頂く
という形を取らさせて頂いております。
このような方法で農作物を販売しているところは全国でも他にないかもしれません。 ですが、このような販売方法が未来の農の常識になることを私は心から願っています。
これは私にとっても農業の世界にとっても新しい挑戦です。その最初の一歩を共に歩んでくださる”同志”となって下さる方々と未来の地球の為に手を取り合い進んでいきたいと強く思っています。
水野 早乙美