鍼きゅうの適応疾患

 

世界保健機構(WHO)では、下記の疾患に鍼きゅう治療が適応であることを認めています。

 

◆神経系疾患

神経痛・神経麻痺・痙攣・自律神経失調症・神経症・心身症・脳卒中後遺症・頭痛・不眠症・眩暈(めまい)・肩こり

 

◆消化器系疾患

口内炎・舌炎・歯痛・胃腸炎・胃アトニー・胃下垂症・胃酸過多症・胆石症・肝機能障害・下痢・便秘・痔疾患

 

◆運動器疾患

関節炎・関節症・肩関節周囲炎(五十肩)・関節リウマチ・筋膜炎(筋肉リウマチ)・頸筋強直・頸肩腕症・むち打症・捻挫・腱鞘炎・腰痛症

 

◆循環器疾患

心悸亢進(心臓神経症)・高血圧症・低血圧症

 

◆循環器疾患

感冒・咳嗽・鼻炎・扁桃炎・咽頭炎・喉頭炎・気管支炎・気管支喘息

 

◆泌尿器疾患

ネフローゼ・腎臓結石・尿路結石・膀胱炎・尿道炎・前立腺肥大症・陰萎症(インポテンツ)・遺精

 

◆内分泌疾患

尿崩症・バセドウ病・糖尿病

 

◆新陳代謝疾患

貧血・脚気・痛風

 

◆皮膚疾患

皮膚炎・蕁麻疹・ヘルペス・肝斑(しみ)・円形脱毛症・アトピー性皮膚炎

 

◆婦人科疾患

月経不順・月経痛・冷え症・更年期障害・妊娠悪阻(つわり)・胎位異常(逆子)・乳腺炎・乳汁分泌不全

 

◆小児疾患

疳虫・夜啼症・夜尿症・自家中毒症・小児喘息・虚弱体質

 

◆眼科疾患

眼瞼縁炎(ただれめ)・麦粒腫(ものもらい)・結膜炎・フリクテン・眼精疲労・仮性近視・弱視・涙管炎

 

◆耳鼻科疾患

耳鳴・難聴・メニエル病・中耳炎・鼻出血(はなぢ)・副鼻腔炎(蓄膿症)・花粉症