• 集合写真

    集合写真

60回 日本生化学会中国・四国支部例会

 

 

 

60回 日本生化学会中国・四国支部例会が無事終了致しました。

 

多くの方々にご参加いただきありがとうございました.

特別講演1題、シンポジウム4題、一般講演55題、名簿上の登録人数110名、その他、飛び入り参加の学生さんや、生化若手の会など含め合計約150名の方々にご参加いただきました。

みなさまのご協力に感謝致します。

 

本例会は60回の記念大会であり、従来の学術奨励賞、優秀研究賞に加えて特別賞を表彰致しました。

学術奨励賞および学術奨励特別賞(学生のみ)、優秀研究賞(全体、一般を含む、学術奨励賞受賞者を除く)の受賞者は以下の通りです(敬称略)。

 

学術奨励賞    月本 準 (徳島大学)

        大澤 仁 (香川大学)

Tsukimoto_IMG_0423.jpg Ohsawa_IMG_0426.jpg

学術奨励特別賞 高橋 尚子 (徳島大学)

           大西 恭弥 (徳島大学)

           田中 裕大 (徳島大学)

Takahashi_IMG_0430.jpg Ohnishi_IMG_0434.jpg Tanaka_IMG_0438.jpg

優秀研究賞    北風 圭介 (徳島大学)

            石原 康宏 (広島大学)

Kitakaze_IMG_0443.jpg Ishihara_IMG_0447.jpg

 

 

特別講演 517(午後

座長 上田夏生(香川大学)

リン脂質多様性-網羅的解析と生物学

清水 孝雄 (東京大学大学院・国立国際医療研究センター)

       (国立国際医療研究センター 脂質シグナリングプロジェクト プロジェクト長)

 

 Shimizu_SL99-main.jpg

JT 生命誌ジャーナルより

 

シンポジウム 517() 午後 

座長 水上 洋一 (山口大学)

高出力型1細胞RNAシーケンス法Quartz-Seq2の開発と最新の技術動向

笹川 洋平(理化学研究所)

 

座長 島田 緑 (山口大学)

胚操作を要せずにゲノム編集動物を作製可能な新手法「GONAD」の開発と応用

大塚 正人(東海大学)

 

座長 宮地 孝明 (岡山大学)

ゲノム編集および関連技術の最新開発動向

佐久間 哲史(広島大学大学院)

 

座長 中村 元直 (岡山理科大学)

網羅的解析から明らかになるN-ミリストイル化タンパク質が担う多彩な生命現象

内海 俊彦(山口大学大学院)

 

日時: 2019517日(金)〜18日(土)

会場: 山口大学医学部総合研究棟A医修館

山口県宇部市南小串1−1−1山口大学医学部 小串キャンパス

 

実行委員長 水上 洋一

(山口大学・大学研究推進機構 遺伝子実験施設)

TEL: 0836-22-2184

FAX: 0836-22-2185

e-mail: ymizu*yamaguchi-u.ac.jp

(*を@に置き換えてください)

 

生化学若い研究者の会

 

開催日時:2019518() 13:00~16:30

開催場所:山口県宇部市 山口大学医学部総合研究棟A医修館 第2講義室

予定時間:講演  13:00~14:30

講師:松田 道行 (京都大学大学院 生命科学研究科・医学研究科)

画像2 松田道行先生.jpeg