Welcome

渡島体育

 

 オンライン研究集会

         

         開催!

 

 様々な活動が自粛される中,工夫を凝らし,1月28日(金)に渡島体育オンライン研究集会を開催しました。

 

  

 渡島体育研究会では,子供が「運動の楽しさに触れた」・「がんばれた」・「共に成長した」と感じることができるような体育授業を目指して取り組んでいます。

 

小学校のポートボール(ゴール型)の授業では,ゲームを中心に「どうすれば上手に攻めたり,守ったりできるか」という共通課題の解決を目指して学習を進めました。ボールを持っている人・持っていない人の動きに着目して,チームに合った作戦を選び,勝敗を競い合いました。さらに,フェアプレイを大切に,相手を尊重しながらゲームを進め,ナイスプレイを認め合いながら,共に成長したと感じられる学習を目指しました。

 

中学校のバスケットボール(ゴール型)の授業では,ゲームを活動の中心に据え,3on3や32などのタスクゲームを用いながら「空間を作り出す動き」をチームで習得し,安定したボール運びから得点につなげていくことを重点に授業を展開しました。また,「チームで空間をどのようにつくればよいか?」という課題解決に向け,作戦ボードアプリや動画を用いて作戦会議を行いました。振り返りの場面では,一人一台端末の活用により学習カードをデータ化,クラウド上で提出することで,次の授業ですぐにフィードバックできるよう工夫していました。

 

 

 ビデオ視聴での公開授業後は,オンライン上でグループワークを行い,活発に意見交流することができました。