ごあいさつ

ヒプノセラピーの様々な療法

①暗示療法

②イメージ療法

③年齢退行

インナーチャイルド

エンプティチェアー

④前世療法

ハイヤーセルフとの対話

 

あなたは『影響側』か『原因側』か、という話を聞いたことがありますか?

影響側にいる人は

何かが思いどおりにいかないとき、あるいは自分が満足のいかない状況に陥ったとき、

すぐ何かのせいにしてしまいます。

例えば

「収入が少ないのは、学歴のせいだ」

「お金がないのは、不景気のせいだ」

「もてないのは、背が低いせいだ」

「自分がうまくいかないのは、親の教育のせいだ」

などと、すべていい訳をしてしまいます。

誰かのせい、何かのせいにします。

周囲にそういう人はたくさんいますね。

確かに、その方の気持ちはわかりますし

その通りかもしれませんね

しかし

影響側の人が、その考えのままでうまくいくとは思えないでしょう。

一方、原因側で生きている人は、

「大学は出ていないけど、それをハンディだとは思わない」

「不景気だけど、私はきちんと働いている」

「背は低いけど、それはそれで魅力にする」

といった具合に、どんな場合でも、

なぜできないのかという理由を述べるのではなく、

何をすればできるのかという原因を考え、

自分の道を切り開いていきます。

影響側の人は、「なぜできなかったのか」という理由を探すことに

いつまでも終始して、なかなか人生の苦境を打開できません。

一刻も早く、影響側から原因側にシフトしなければ、

人生の主人公になることはないでしょう。

その為には自分の考え方を変える必要があります。

ヒプノセラピストは

影響側の人を原因側に導いてあげる

旅を安全に楽しむ為の

ツアーガイドさんみたいな役に似ています。