Tel / 03-3469-0511

ザ・スズナリ

新型コロナウィルス感染予防ガイドラインと対策の現況

 

 facade.jpg

 

ザ・スズナリ

 

    新型コロナウィルス感染予防ガイドラインと対策の現況

  

(2021年10月25日更新)

 

 

  

はじめに

  

東京都による「リバウンド防止措置期間」の終了をふまえ、ザ・スズナリでは2021年10月25日よりガイドラインの更新を行います。本ガイドラインは以下の方針を基に作成・更新され、劇場スタッフや公演関係者全員に向けた感染拡大予防対策の指針といたします。

 

■内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室

    緊急事態宣言及びまん延防止等重点措置終了後の1都1道2府23県における催物の開催制限、施設の使用制限等に係る留意事項等について」

 

■東京都

    【10月31日から11月30日】イベントの開催制限等について

 

■小劇場協議会

    『東京都内の小劇場における新型コロナウィルス感染症対策ガイドライン』

 

なお、政府による新しい方針や今後の感染状況しだいでは、随時見直しを行う予定です。

 

1.前回からの大きな更新点

 

 

 

●客席制限の緩和

 

更新前:客席数を常時収容率の77%以内とする。

 

更新後 : 客席数を常時収容率の84%+補助席16席以内とする。

 

 

2.日常の予防対策について

 

  

●場所や状況に応じて感染予防策は異なりますが、稽古/公演期間だけでなく、稽古前2週間から公演終了後2週間すべての期間を通じて、公演関係者には以下のことを徹底していただきます。

 

 

page001.jpg

 

・不要不急の外出や3密の場を避ける

・可能な限りのその場の消毒(自宅・稽古場・劇場の手指の触れる箇所)

・日常的なこまめな手洗い、手指消毒

・マスクの常用

・体調の自己管理

・可能な限りソーシャルディスタンスの確保

・稽古場/劇場の給排気設備の常時稼働

 

 

※2021年10月25日現在、日本全体では感染減少傾向が見られるものの、海外では依然として感染拡大が続いております。国内でも地域によってはクラスターが発生しており、引き続き慎重な感染拡大対策が求められます。

 

 

 

 

3.公演準備~終了までの予防対策

 


 

場所

 

状況 対策
自宅 打合せ

 

・可能な限り電話やZoomなどのリモートで行い、会合する場合は密を避けなるべく21時までの解散とする。

 

稽古場 準備時

 

・集合、解散時間はラッシュ時を避け、なるべく21時までの解散とする。

 

・出入りした人の名前・連絡先・滞在日時を控え、一ヶ月保管する。(万が一コロナ感染者がでた場合、関係機関への提供のため)

 

・その場で検温し、(目安として)37.5度以上、もしくは個々の平熱より+1度以上の場合は入場不可とする(自己申告NG)。

 

・仕出し弁当は可だが、自宅調理の差し入れや炊き出しは不可とする。

 

・タオルや稽古着等身に着けるものの貸し借りをしない。

 

・飲食時はソーシャルディスタンスを守り、できるだけ会話を控える。

 

稽古中

 

・関係者最前列と演技エリアとの間隔を2m以上空ける。

 

・可能な限りソーシャルディスタンスを確保し、アクシデントとしての濃厚接触を避けるため細心の注意を払う。

 

劇場 準備時

 

・集合、解散時間はラッシュ時を避け、なるべく21時までの解散とする。

 

・その場で検温し、(目安として)37.5度以上、もしくは個々の平熱より+1度以上の場合は入場不可とする。

 

・仕出し弁当は可だが、自宅調理の差し入れや炊き出しは不可とする。食器類の共用を避け、なるべく使い捨てのものを使用する。

 

・タオルや稽古着等身に着けるものの貸し借りをしない。

 

・飲食時はソーシャルディスタンスを守り、できるだけ会話を控える。

 

・楽屋では可能な限りソーシャルディスタンスを確保し、冷暖房効果が落ちすぎない程度に、給気ファン(ドア側)と排気ファン(窓側)をダブルで稼働させる。

 

・舞台上と観客動線の消毒。

 

・本番はなるべく21時までの終演とする。

 

開演前

 

・お客様への自宅での検温・体調管理、マスク着用の呼びかけをするとともに、マスクのないお客様への配布準備。(マスク未着用のお客様は入場不可)

 

・可能な限り開場前に屋外に通じるドア、窓を開け大規模な換気を行う。

 

・入場待ちの混雑を避けるため当日支払いをなるべく避け、整列時は可能な限りソーシャルディスタンスを確保する。

 

・窓口に飛沫防止シールドの設置する(劇場側で用意いたします)。

 

・物品や現金のやりとりでの接触を最少限におさえる。

 

・お客様のお名前・電話番号・来場日時・座席番号(指定席の場合)を控えたリストの保管。(万が一コロナ感染者がでた場合、関係機関への提供のため)

 

・お客様全員の検温を実施し、37.5度以上の場合は入場不可とする。

 

・必要に応じて開場中の歓談を控えるようにアナウンスする。

 

・客席最前列と舞台前面との間隔を2m以上あける。花道を設ける場合も原則的に2m以上あけるが、無言で、且つ平時の呼吸で通過する場合に限り劇場と協議の余地を残す。

 

客席数を常時収容率の84%+補助席16席以内とする。

 

上演中

 

・お客様に触れたり、声援を求めたり、舞台に上げるような演出を行わない。

 

・可能な限りソーシャルディスタンスを確保し、アクシデントとしての濃厚接触を避けるため細心の注意を払う。

 

終演後

 

・面会は原則的に禁止とし、退館後のお客様との会食なども控える。

 

・屋外に通じるドア、窓を開け大規模な換気を行う。

 

公演終了後

 

・公演関係者、来場者リストは最低一ヶ月保管する。

 

 

 

 

 

4.特 記

 

 

〇新型コロナウィルスは感染から1日~12.5日間に発症すると言われており(厚生労働省『新型コロナウィルスを防ぐには』)、発症直前にもっとも感染力が高まるとの報告があります。稽古14日前~千秋楽14日後は、特に公演関係者内部と外部間の感染予防に努めていただくようお願いいたします。

 

〇お客様を入れての公演は、政府や東京都の方針を前提としております。政府や東京都によるさらなる厳格な方針が示された場合、公演中であっても中止となる場合があります。

 

〇公演関係者、もしくはそのお客様から感染者がでた場合、劇場判断で中止とさせていただく場合があります。

 

〇劇場判断で、楽屋・客席の間隔や人数制限などお願いする場合がありますので、ご協力をお願いいたします。

 

 

 

 

5.ザ・スズナリにおける感染予防対策の現況

 

 

 

 1.jpg2.jpg

  6.jpg 

 7.jpg

8.jpg

 

 

 

 

6.参考資料

 

 

  

●コロナウイルス感染症対策推進室

「緊急事態宣言及びまん延防止等重点措置終了後の1都1道2府23県における催物の開催制限、施設の使用制限等に係る留意事項等について(令和3年9月28日

https://corona.go.jp/news/pdf/jimurenraku_seigen_20210928.pdf

 

●東京都

【10月31日から11月30日】イベントの開催制限等について

【10月31日から11月30日】イベントの開催制限等について

 

●小劇場協議会

『東京都内の小劇場における新型コロナウィルス感染症対策ガイドライン』

http://jipta.jp/?p=1