Welcome

1.唐辛子……辛味と旨味の違い

唐辛子といいますと“痛い”辛さを想像する方も多いと思いますが、当店では“旨い”唐辛子と、身体を芯からあたためてくれる“ホットな辛さ”の唐辛子を厳選しております。

種類によって、あるいは下ごしらえの方法によって、唐辛子には全く辛味はございません。

日本の食文化に例えますと昆布のような美味しいダシの代わりになる唐辛子(パシージャ)や、香ばしい燻製唐辛子(チポトレ)などがあり、これらは肉や野菜の美味しさをぐっと引き出してくれます。

当店の調理法は、北米メキシコに由来するもので、日本の食文化にはない料理の美味しさと感動をお届けできれば幸いです。

 

2.素材……富士山麓の無農薬野菜

本場メキシコは主に高原で、ここ富士の麓とは環境が似ておりますため、無農薬栽培で丁寧に育てた地元野菜は、現地の野菜に負けないほどの美味しさ、栄養価を含んでおります。

品質の良い唐辛子に含まれる“カプサイシン(注1)”は、身体を芯からあたためてくれ、新陳代謝を促すため、若々しい身体づくりに最適です。

異国文化の料理だと遠ざけずに、ぜひ積極的に取り入れていただきたいです。

新しい発見と感動があるはずです。

 

3.ソース……5段階からお好みに合わせて

お子様でも食べられるよう辛さは調節しておりますが、辛党の方にはハバネロ(注2)の“ヤバイ辛さ”を味わっていただくこともできますので、お気軽にお声掛けください。

……………………………………………………………………………………………… 

【注1】カプサイシン……免疫力を増進させる効果のあることが認められ、風邪などの予防によいと考えられています。身体の新陳代謝を活発に、エネルギー消費を促進することで肥満予防の効果があります。

また、旨味・辛味によって、料理が美味しく食べられるという利点もあり、結果的に塩分の摂り過ぎを防ぎ、

高血圧を予防します。 

【注2】ハバネロ……メキシコのユカタン半島が原産とされ、世界中で最も有名な激辛トウガラシです。辛さの度合いは、ハラペーニョの約80倍、タバスコの約10倍の辛さにあたります。攻撃的な辛味のあとに芳しいフルーティな香りが残る魅力的な香辛料です。

 

 

本日の出店場所はこちらからご確認いただけます。

本場スタイルのタコスを食べに山梨へぜひお越しください。