秋田相続登記・遺言・会社設立は秋田市の司法書士荻原正樹|司法書士おぎわら相続登記事務所秋田

秋田の相続・相続登記・遺言・相続放棄・法定相続証明・会社設立・抵当権抹消・債務整理・離婚など、皆様の身近な問題の解決を迅速にお手伝いすることで安心をお届けいたします。
 018-827-5280
お問い合わせ

相続登記の流れ

秋田の相続は司法書士おぎわら相続登記事務所秋田 司法書士荻原正樹

被相続人がお亡くなりになられてから相続登記が完了するまでの手続きの流れは以下のとおりです

*相続登記に関する一般的な事柄につきましては、こちら「相続登記」もご参照ください。

 

1:相続人の調査・確定

まずは、お亡くなりになられた方の相続人は誰なのかを確定する必用があります。

そのためには、役所から戸籍関係書類を取り寄せます。

この相続人調査・確定作業においては、結婚による戸籍編成や転籍などによって、他県の役所から郵送によって取寄せる必要がある場合もあります。

また、請求先の役所が火事にあって戸籍が残っていないなどの理由により、戸籍が取得できない場合もあります。

通常、調査開始から確定までは1ケ月~2ケ月程度ですが、相続人の数が多い、転籍の回数が多いなどの場合は半年以上要する場合もあります。

 

2:相続財産の調査・確定

次に、又は、相続人の調査と並行して、相続財産を確定させる必要があります。

相続登記に関するものとして、不動産の調査は、役所より固定資産税課税台帳の写しを取得します。

 

3:遺言の有無の調査

被相続人の方が遺言を残している場合には、原則としてその内容に従って手続きを進めることとなりますので、遺言の有無を調査します。

*遺言につきましては、こちら「遺言」もご参照ください。

 

4:遺産分割協議

相続財産について、各相続人がどのように相続するのかについて、相続人全員で協議します。

協議がまとまらない場合、遺産分割調停などの手続きの利用を検討します。

 

5:登記申請に必要な書類の準備

遺産分協議がまとまった場合、相続登記申請に必要となる遺産分割協議書(証明書)・相続関係説明図・委任状などの書類を作成、署名押印が必要な書類には相続人の皆さんに署名押印をしていただきます。

*法定相続情報一覧図につきましては、こちら「法定相続情報証明制度」もご参照ください。

 

6:相続登記申請

管轄法務局に添付書類とともに相続登記申請書を提出いたします。相続登記申請から完了までは、1週間から10日程度かかります。

 

7:相続登記完了

相続登記が完了すると、法務局から登記識別情報(むかしの証の権利証の代わりになるもの)が発行されます。

ご依頼人の方に、この登記識別情報と戸籍関係書類一式をお返しいたします。

 

 

秋田の相続登記は秋田市の司法書士荻原正樹

 

イラスト アイコン1.jpg

司法書士おぎわら相続登記事務所秋田

司法書士荻原正樹

2018.09.26 Wednesday