司法書士おぎわら相続登記事務所秋田|秋田市の司法書士荻原正樹

秋田駅東口秋田市東通の司法書士荻原正樹です。皆様に安心をお届けすることを使命として、相続関係業務・登記業務を中心として業務を行っております。相続・相続登記・遺言書・抵当権抹消・不動産名義変更・会社設立登記・債務整理・訴訟代理・離婚・成年後見などお気軽にご相談ください。駐車場有。当日予約可能、相談料無料です。皆様のお越しをお待ちしております。
 018-827-5280
お問い合わせ

成年後見申立

成年後見秋田 秋田駅東口徒歩15分秋田県秋田市東通の司法書士荻原正樹

 成年後見申立

1:成年後見人とは

事故の後遺症や認知症、加齢による判断能力の低下などが生じると、

誤った判断によって自己の財産を失ってしまったり、

生活上の必要な措置(身上監護)を自分で行うことが困難な状態になることがあります。

これをそのまま放置した場合、詐欺被害に遭ったり、不便な生活を強いられることにもなりかねません。

そのため、そのような事態を回避するために、判断能力が衰えた人(被後見人)の財産を管理しながら

必要な法律行為などを行う役割を担う人のことを成年後見人といいます。

成年後見制度はあくまでも被後見人の利益を第一に考えた制度と言えます。

 

2:成年後見申立が問題になる例

前述のように、成年後見制度は、あくまでも本人の生活を充実させるための制度ですが、

ときとして第三者の意向が関係する場合もあります。

(1)本人名義の土地について賃借したいという人間が現れたが、その時点において本人の判断能力が低下していた

(2)父親名義の不動産について相続人間で遺産分割協議を行いたいが、相続人の一人である母親の判断能力が低下していた

上記の例のような場合、そのままでは賃貸借契約の締結や遺産分割協議を進めることは難しいため、

家庭裁判所に成年後見の申立をして成年後見人を選任してもらった後で、当該成年後見人が契約や協議を進めることとなります。

 

3:法定後見人と任意後見人

法定後見人とは、被後見人の判断能力が衰えた後に、本人等一定の申立人の請求によって選任される後見人のことをいいます。

任意後見人とは、本人がまだ判断能力を有する段階で、判断能力が衰えたときに備えて、あらかじめ契約によって選んでおいた者が

なる場合の後見人のことを言います。

任意後見人は、自分で財産管理等を頼みたい人を事前に選択できる点に特徴があると言えます。

任意後見契約は、通常財産管理契約と合わせて締結されるので、判断能力がある時点から後見人候補者と協議しつつ

財産管理を行うことが可能です。

 

4:成年後見等開始の申立て

成年後見の開始の申立ては、本人の住所地を管轄する家庭裁判所に対して行います。

その際に添付する書類として主なものは次のとおりです。

①本人(被後見人)の戸籍謄本・住民票

②後見人候補者の住民票

③本人の状態についての医師の診断書

④本人の「登記されていないことの証明書」

⑤本人の財産に関する資料(通帳のコピー、不動産登記簿謄本など)

 

 

成年後見申立・任意後見契約の詳細についてお知りになりたい方は

当事務所までご相談ください。

成年後見秋田 秋田駅東口徒歩15分秋田県秋田市東通の司法書士荻原正樹

2018.04.24 Tuesday