議会質問&会派取組

2013-07-08 10:07:00

 

 

PDFファイルを開く(←事務局へ提出した報告書)

 

実施日時 平成25(2013)年7月8日
実施場所 堺市原池公園

堺市原池公園スケートボードパーク視察報告書

 

報告1 堺市原池公園スケートボードパークについて

 平成25年7月8日午前10時頃、大阪府堺市中区八田寺町320番地の「堺市原池公園体育館」にて、堺市議会事務局総務課秘書グループの薮内大誠氏のお出迎えを受け、堺市文化観光局スポーツ部スポーツ施設課施設係長の木下智尋氏、堺市原池公園体育館支配人の井地秀次氏のお二方から「スケートボードパーク」についてご説明いただきました。


 まず、オープンの経緯については、青少年のスケートボード専用施設設置への願いが、市議会を通じて訴えられたことや、スポーツとしてのスケートボードを広める観点から、「造る限り、安全でしっかりしたものを」というコンセプトで、プロスケーターによるアドバイスなどを受けて、平成23年12月にオープンされました。


 整備費として5,800万円で年間予算は546万円であり、ミズノグループに指定管理されています。


 当初、低予算で行う予定ではあったのですが、安全面を重視する中でどうしても人件費を増やさずにはいられない状況も出てきたようであります。


 利用者の推移については、昨年1年間で約10,000人の入場者があり、堺市の見解は予想通りだが、ミズノグループは14,000人を見込んでいたとのことで、民間企業の発想ではこれくらいの目標を持っていないといけないと言われていました。


 利用状況については、一般利用 7,504人(69%)、中学生1,172人(11%)、小学生1,395人(14%)となっており、予想以上に一般利用者が高い事に驚きました。


 年間イベントなどで講習会や体験レッスン等行い、利用者拡大も行っているとの事でした。


 利用客の反応については、非常に良く、リピーターも数多く、今後の地道な案内など続けていきたいとの事でした。


 一方課題では、安全面を重視しすぎた結果、当初の目的の一つであった、駅前や道路などでスケートボードを利用する若者から敬遠され気味である事、コンクリート施設であることから、ひび割れなどの対応に専門業者もなく、技術的にクリアーしないといけない問題も多い事等があげられ、また、14,000人の利用者の獲得に向けて利用促進の取組みなど今以上に力を入れないといけない事などがあげられていました。


 同様の施設を貝塚市において作れるのかどうか。同じ規模では困難かもしれません。安全面を自己管理するという前提で進めないといけないかもしれませんが、競技場所の提供など何かできる事がないのか検討しないといけないと感じました。


 その後、スケートボードパークの見学をさせていただき視察を終了しました。