インフォメーション

2018 / 10 / 03  12:32

口羽トロッコ用の軌道カート到着!【10/16動画追加!】

NPO法人江の川鐵道(江の川鉄道、日高弘之理事長)が口羽駅での社会実験に使うEV軌道カートが届きました!

 

東京の保線機器メーカーが地下鉄や住宅密集地の路線向けに開発。電動式なので、静かで排気も臭いもありません。シンプルな構造なのでメンテナンスしやすいことも特長です。時速30kmまで出せ、1回の充電で50kmまで走れます。

口羽駅ではこの2人乗りカートに、4人乗りの客車トロッコを連結。駅の前後計700mを往復する予定です。

線路とあまり変わらない高さに座って目線が低くなるので、時速10km程度でもスピード感は十分。線路沿いの花々や田んぼの稲穂など、JR三江線時代に「乗り鉄」された方でもひと味違った眺めを楽しめます。また、走行音が静かですので、虫の音色、鳥のさえずり、風の音などを感じていただけます。

 

一般の鉄道車両と違って、普段なかなか乗る機会のない保線車両を体験できるチャンス!今後試運転を重ね、10月の13(土)14(日)に地元・関係者向け、20(土)21(日)27(土)28(日)に一般向けに乗車体験していただける見込みです。詳細はNPO法人江の川鐵道公式サイトをご覧ください。

 

当日の様子を安芸矢口企画さんが動画にまとめてくださいました!