インフォメーション

2018 / 09 / 07  22:45

9/12(水)三江線の村はすみの未来を考えよう!

 邑南町羽須美(はすみ)地域は昭和の大合併までは口羽村と阿須那村、平成の大合併までは羽須美村であった地域を指します。3月末まで三江線が走っていました。駅で言えば作木口、江平、口羽、宇都井です。昭和32年にはおよそ6400人いた地域の人口が、現在はおよそ1470人まで減少しました。また高齢化率が57パーセントです。地域に様々な課題がございますが、担い手は限られています。

 この度、総務省の事業として、人口減少・高齢化により、地域づくりの担い手不足という課題に直面する地域に、「関係人口」と呼ばれる地域外の人材が地域づくりの担い手になってもらう取組が始まりました。そのモデル団体の1つとして邑南町が選ばれました。「関係人口」とは、移住した「定住人口」でもなく、観光に来た「交流人口」でもない、地域と多様に関わる人々を指す言葉です。

 今回はまず、「関係人口をつくる 定住でも交流でもないローカルイノベーション」の著者である田中輝美氏に講演いただきます。その後でワークショップを開いて、羽須美地域の今と未来を考えていきます。

 

〇日時 平成30年9月12日(水)19:00~20:30

〇場所  口羽公民館(島根県邑智郡邑南町下口羽484-1)

〇問合せ 邑南町役場定住推進課 羽須美振興推進室 
              TEL:0855-87-0221 (担当:井上、森田)