インフォメーション

2017 / 08 / 30  11:45

石見川本で全線開通42年イベント

川本町観光協会が8月31日、三江線の全線開通日を記念したイベントを開きます。

石見川本駅前の「三江線おもてなしサロン」で12:00~14:00に全線開通当時の写真を展示するほか、地元川本保育所の園児さんに13:45発の江津行きを見送ってもらいます。全線開通当時のにぎわいに思いを馳せてみませんか。三江線おもてなしサロンは「乗り鉄」の方向けの無料休憩所です。

(写真は石見川本駅前の「三江線おもてなしサロン」)

 

追記

このイベントは終了しました。おもてなしサロンは引き続き昼間に開いていますので、三江線旅の途中で是非お立ち寄りになってみてください。

2017 / 08 / 30  11:30

民泊「天空の駅前宿うづい通信部」オープン

地上20mにホームがある三江線宇都井駅に民泊「天空の駅前宿うづい通信部」がオープンしました。2階の窓から駅舎を臨み、部屋にいても列車の音が聞こえる、まさに駅前。三次・江津以外に泊まることで、旅の選択肢も大きく広がります。昼間は「昼食体験」としてランチを楽しめるほか、鉄道関係を中心に本を並べた「図書館」でひと休みすることも可能です。三江線巡りに是非ご利用ください。

▽宿泊体験(食事なし)1人4000円 

 …一般の宿泊施設でいう素泊まり。自炊も可能

 食事体験1人500円~

 …おにぎり・味噌汁の軽食から田舎御膳まで

▽昼食体験1人800円

 …11:30~14:00。1日8食程度、木曜はお休みです

▽図書館利用(休憩)最初の1時間500円・以降30分ごと100円

 …8:30~17:00。フリードリンクです

▽三江線グッズを販売

 …手ぬぐい(800円)ポストカード(400円・800円)三江線BOOK(1296円)

予約は、電話090(8170)9894・メールmorita.i4374@gmail.com

Facebookページもあります。(リンクはこちら

※写真は、左・サービス内容を案内した玄関の黒板 右上・まさに駅前にある「うづい通信部」 中下・うづい通信部2階から見た駅舎とホーム 右下・うづい通信部の床の間

 

うづい通信部は、一定の条件を満たした民家に対し旅館業法などとは別基準で宿泊や食事の提供を認める島根県独自の制度「田舎ツーリズム」の施設です。任意団体三江線沿線地域魅力化プロジェクトのメンバーたちが運営を担っています。少ない人数で回しており、宿泊体験は当日飛び込みでお越しになっても対応できません必ず事前にご連絡いただきますようお願いします。

また、INAKAイルミ(11月25,26日)期間中は前後を含めて運営ボランティアさんが泊まる場になりますので、一般からの予約は受けられないとのことです。あらかじめご了承ください。

(追記)木曜日は昼はお休みをいただいています。

2017 / 08 / 25  10:20

口羽公民館「三江線思い出企画展」

口羽公民館が8月27日(日)~9月28日(木)、地元の暮らしとともにあった三江線の思い出を振り返る企画展を開きます。

主な展示内容は

▽三江線40周年記念列車「江の川号」など2種類のヘッドマーク

▽三江線全線開通当時の陳情書や要望書などの原本

▽三江線式敷開通、口羽開通、全線開通当時の資料

▽ファンが撮った写真

▽口羽小児童の研究発表や口羽保育所のお絵描き作品  …など。

入場無料。資料の一部は昨年広島県北の鉄道展を開いた広島県立文書館のご厚意で展示させていただきます。

8月27日は徒歩10分の口羽駅である「ありがとうマルシェ」(リンクはこちら)とタッグを組んでスタンプラリーもやります。両方を回ってスタンプを集めると先着100人に記念バッジをプレゼント。

開始日の27日は13:00~19:00に開館しますが、その後は原則月~金曜日のみ8:30~17:30。土日祝日は利用団体がある場合のみ開いています。口羽公民館0855(87)0910。

 

主催 口羽公民館

協力 広島県立文書館・三江線改良利用促進期成同盟会・三江線活性化協議会

 

追記

好評のため、会期が10月10日まで延びました。まだご覧になっていない方は是非お越しになってみてください。

追記

この展示は10月10日で終了しました。多くの方にお越しいただき、ありがとうございました。

2017 / 08 / 23  09:09

列車と競走「希望のバトン」

三江線の列車と人が競走したらどちらが速いんだろう?

分からないならやってしまおう! というイベント「希望のバトン」が石見川本であります。三江線は2013年8月に島根県西部を襲った記録的豪雨で大きな被害を受け、江津~浜原で11か月間運休しました。14年7月に全線復旧したことを機に、石見川本駅の「お出迎えのおじさん」有田さんが、列車の走るありがたさをみんなで感じようと企画。毎年6、7月ごろに小学生から大人まで参加し、駆け抜けてきました。

ことしは夏の「青春18きっぷ」最終日の9月10日。主催の有田さんがランナー(参加費無料)と応援に来てくださる方(申込不要)を募集しています。三江線、沿線と一緒に汗を流してみませんか。たくさんの方の参加をお待ちしています。

日時 9月10日(日)15:45集合

場所 JR石見川本駅西側の江の川土手

申込 がんばれ三江線の会事務局

   〒696-0007島根県邑智郡川本町多田161-1(有田TEL090-8064-2818)

   9月7日(木)〆切。ランナーとして参加される方は、当日、走れる服装でお越しください。   

 

なお、第2回(15年)と第3回(16年)の模様は安芸矢口企画さんが動画を撮影・編集してYoutubeにupされています。ご参照ください。

第2回→こちらから

第3回→こちらから

 

追記

このイベントは終了しました。多くの方にご参加、ご声援をいただきありがとうございました。

2017 / 08 / 22  11:51

三江線ありがとうマルシェ@口羽

2018年3月末で鉄道としての役割を終えるJR三江線。通学、通勤などで普段の交通手段として、帰省や観光の利用を含めて地域にとって大きな存在でした。そこで、三江線が全線開通した日(1975年8月31日)にちなんで、口羽駅で「三江線ありがとうマルシェ」を開き、三江線の思い出を語り合い、感謝するイベントを企画しました。ぜひ、この機会に口羽駅へお越しになってみてください。

日 時 2017年8月27日(日曜日)11:00~18:00

場 所 JR三江線口羽駅前広場

出店者 ミカシンコーヒー(コーヒー)

    農産加工はすみ(お弁当など)

    富士屋本舗(柚子ようかんなど)

    クレープショップアスカ(クレープ)

    よぼしばグループ(地元特産品)

    34YATAI(三次の産品)

    江の川鉄道応援団・安芸矢口企画(三江線グッズ・本など)

    工房さくら(シフォンケーキなど)

    ※出店者・出品品目は変更になる場合があります。

駅舎では三江線写真展も開きます。

 

行き方

三次10:02(三江線石見川本行き)11:00口羽

三次14:11(三江線口羽行き)15:09口羽

江津15:15(三江線三次行き)17:46口羽(正常運行の場合は口羽で15分停車)

三次17:02(三江線浜原行き)18:00口羽

※夏はレール温度が規制値を超えたり、夕立に見舞われたりしてダイヤが乱れることがあります。上記列車に乗ってもお立ち寄りになれない場合もあります。

マイカーの方は会場から200mほどの「はすみリゾートセンター」(島根県邑南町下口羽1495-1)の無料駐車場をご利用ください。

 

マルシェに合わせて口羽公民館で三江線企画展(リンクはこちら)も始まります。マルシェと公民館両方でスタンプを受けた方先着100人に特製缶バッジをプレゼントします。

 

追記

このイベントは終了しました。たくさんの方にお越しいただき、ありがとうございました。

1