たこ・うおのめ

何度削ってもできてしまう「たこ・うおのめ」

これらは足裏の特定部分に継続的に圧力や摩擦がおこる事で

防御反応としてその部分の皮膚が厚くなり、角質化していく状態です。

 

●たこ・・・分厚くなった角質がさらに硬くなる状態。

●うおのめ・・・角質が厚くなる上、角質層の下に芯ができ深層部に伸びていくので、神経を刺激し痛みも生じる。

 

 

 

足と靴のフィッティングの悪さから、継続的に摩擦がおこり続けるため。

ヒールの高い靴で歩くことで、前足部に過度の体重がかかるため。

ソールの薄い底のパンプス・サンダルなどで、硬いアスファルトの地面を歩くため。

歩き方の歪みにより、足の内側や外側に負担がかかるため。

 

 

これらの原因を取り除こうと削ってしまうのは一時しのぎの対症療法に過ぎず

根本的な原因を解決しない限り何度削っても再発します。

 

さらに削れば削るほどリバウンドが起き、ますます皮膚が分厚くなっていきます。

また皮膚も痛め、細菌が炎症をおこしてしまう恐れもあります。

 

 

特定の部分に強い圧がかかりすぎてしまうためにもよるものなので

この圧力を取り除いていく必要があります。

 

そのためにはまず 

●テーピングにより横アーチの低下をサポートしていきます。

●足と靴のフィッティングを調整し、靴の正しい選び方をアドバイスしていきます。

たこ・うおのめ部分を保護し、かかりすぎた圧力を軽減します。

●歪んだ歩き方・立ち方を矯正していきます。

●硬くなってしまった足をほぐし、足の動きをスムーズにします。 

 

これらを毎日継続して行うことで

順調に改善すれば約2~3ヶ月で削ることなく自然に消滅します。(個人差有り)

 

「たこ」「うおのめ」でお困りの方は

今すぐ「足・靴・歩行」のケアでトラブルを根本的に解決しましょう。

 

まずは「初回フットカウンセリング」をご予約ください。