巻き爪

本来ならまっすぐ伸びるはずのあしの親趾(母趾)の爪

横方向に巻いて伸びてしまう状態です。

 

放置していると母趾の肉にどんどん食い込んで痛みを伴い、化膿する場合もあります。

靴を履くのも苦痛になり、痛みをかばうために「歩き方の歪み」も生じていきます。

 

一般的な対症療法の治療もありますが、稀にリバウンドしてしまい

最終的には手術を進められる事もあります。

 

 

・靴の「つま先部分の余裕がない」

・先の尖った靴、ハイヒールを履く事により「母趾が圧迫」されている。

・足が靴の中で前に滑ってしまい「靴と母趾の爪が当たって」しまっている。

「歩き方の歪み」から母趾の方向に負担がかかり圧迫している。

「爪の切り方が悪い」のも原因のひとつとなっています。

 

 

「巻き爪」は治るまでにかなりの時間を要します。

しかし対症療法と違うのは

「靴のケア」

「歩き方のケア」

も行うため、巻き爪の根本的改善だけでなく

「足とからだの健康」改善にもなるという大きなメリットがあります。

 

硬くなった筋肉をほぐし、足を動きやすくし正しい歩行を容易に導きます。

母趾の爪が触れてしまう靴を排除し、正しい靴の選び方をアドバイス致します。

・足と靴の正しいフィッティング、そして足の前すべりを防止します。

 ・必要に応じてテーピングで趾(あしゆび)を下に向かせ、靴と爪が触れないようにします。

・ ウォーキングレッスンで歩き方の根本的改善を目指します。

 

母趾の爪をまっすぐ伸びるようにするには

爪が伸びて行くのを邪魔しないよう圧迫を加えない事が大切です。

 

そのため、圧力を完全に排除していかないと回復が困難になります。

時間を要しますが、根気よく続ければ再発の心配はなくなります。

 

「巻き爪」でお困りの方は、今すぐ「足・靴・歩行」のケアで

トラブルを根本的に解決しましょう。

 

 まずは「初回フットカウンセリング」をご予約ください。