坂出市スポーツチャンバラ協会 会長の紹介

<協会会長>

さわい ひさき

澤井  久樹   

 

主な役職    香川県スポーツチャンバラ協会 副会長

        坂出市スポーツチャンバラ協会 会長
              無心会 会長

 

称号・段位   師範代 教士七段

その他     剣道三段・中国拳法(実戦カンフー)初級位(初段)

 

出会い      平成6年の冬、とあるイベントでスポーツチャンバラ

目にし、剣道ではありえない自由な打突と激しい動きに

一目惚れする。

そこには体験コーナーがあったため、すぐに申し込み、

そこにいたスポーツチャンバラの先生2人と30本勝負を行う。

剣道を始めた小学生の頃から、「拳法は、金的(急所)以外は自由に攻撃が出来るのに、何で剣道は面・小手・胴の3箇所しか打てないのだろう」と疑問を抱き続けてきた。しかし、そのスポーツチャンバラの先生との対戦が終わった時、自分の中の悩みは一気に消えていた。

そして、その場で仲間にならないかと誘われた瞬間、悩み考えることなく自分が“ハイ”と答えたのを今でもよく覚えている。

  

       

指導理念     最近は携帯用ゲーム機などの普及で、屋外でも子供達

が集まってゲームをやっている光景をよく見ます。

私もゲーム好きですので決して駄目とは言いませんが、

屋外でいて時間があるなら、出来るだけ日が暮れるまで

走り回って遊んで発散して、家に帰って欲しいと思うの

です。

それはなぜなら、この速さで走って転べばこれくらい

痛い・・・また、決してお勧めはしませんが、仮に、

友達と遊んでいでケンカになったとして、相手を叩いた

とき、相手はどんな風に痛がるか・・・

逆に、自分が叩かれたとき、どのくらい痛いか・・・。

といった、自分の「痛み」と、相手の「痛み」を一緒に

わかるようになって欲しいからです。

そこでお勧めなのが、このスポーツチャンバラなのです。

スポーツチャンバラは、剣道のように体全体を防具で

重装備しないかわりに、得物(剣)を特許で安全改良し、

面以外の防具は着けません。

得物が当たった瞬間は、打たれ方にもよりますが、

ある程度の「痛み」を感じます。しかし、最終的に得物

折れ曲がる構造になっているため、正常に使用する際に

大きな怪我にはなりません。

そういった適度な「痛み」を感じて練習や訓練をして

いると、「痛み」を通じて、力加減のわかる人間になると

ともに、自分がよく打たれる箇所を自分の弱点だと体感

し、やがては必然とその箇所への攻撃を避けようと反射

するようになり、ひいては護身の訓練に繋がります。

人と人とのコミュニケーションが薄らぎつつあるこの

世の中に、せめて私が指導している子供達には、自分から

相手の目を見て挨拶し、かつ、練習で適度な体の「痛み」

を知ることで、やがては相手の気持ちや「心の痛み」が

思いやれる、優しくて心身の強い大人になって欲しいと

心から願っています。