インフォメーション

2019 / 05 / 10  21:57

小沢智恵子展 『紡がれる時間』 墨とフェルトの饗宴

小沢智恵子展

 『紡がれる時間』 墨とフェルトの饗宴

2019年5月18日(土)〜20日(月)

 10:00〜16:00  入館料:無料

華雨蔵珍之館(かうぞうちんのかん)

主催:公益財団法人アンタレス山浦財団

フェルト(羊毛)を使った作品により日本各地で展示を行ってきた足利のアート作家・小沢智恵子が、拓本の世界的なコレクションを常設する華雨蔵珍之館の空間に挑みます。現代から一千年以上の時間を遡る、白と黒による作品の饗宴をお楽しみください。

華雨蔵珍之館ちえこ写真.jpg

小沢智恵子:新潟県に生まれる。2000年、イギリスに留学し、アート作品の制作・発表を始める。2004年、絵画作品で上野の森美術館大賞展に入選。絵画のほか、羊毛からつくるフェルトを使った立体アートを制作し、日本各地で発表。

拓本写真.jpg

華雨蔵珍之館:北京・孔子廟石碑拓本や、王羲之、李白、顔真卿をはじめとする、2000点におよぶ中国の石碑名蹟の拓本を収蔵。1991年の開館以来、これらを研究者のほか一般に広く公開している。

栃木県足利市田中町907−6

TEL:0284-71-0003

東武伊勢崎線足利市駅より徒歩1分

 華雨蔵珍之館マップ.jpg