カイロプラクティック

世界では医療として―

1895年アメリカ

ダニエル・デヴィット・パーマー氏によって創始されたカイロプラクティックは、現在アメリカやカナダをはじめ44の国と地域で法制化され、

東洋医学・西洋医学に次ぐ第3の医療としてWHO(世界保健機関)でも推奨する予防医学として世界中に普及しています。

 

カイロとは「手」プラクティックは「技」という意味で「手によって施す」というギリシャ語が語源のカイロプラクティックは、

手術に頼らないカラダに負担の少ない療法です。

 

 通常医療ではレントゲン・MRIなどの画像検査で視覚的に確認できる骨折や脱臼・変形や損傷などの構造の異常を対象とします。

一方、カイロプラクティックは徒手により 神経‐筋‐骨格系の機能(働き)の障害を対象とします。 

 

カイロプラクティック・アジャスメント― 

カイロプラクティックの特徴はサブラクセーションアジャスメントするところにあります。

 

人間は生まれながらにして病気やケガを治す力・機能、自然治癒力を持っています。

そして健康を維持するためにカラダの環境を一定に保つ働きがあります。これをホメオスタシス恒常性といいます。

 

カイロプラクティックでは

この健康を維持する働き、それを阻害する要因のひとつにサブラクセーションがあると考えます。

サブラクセーションとは関節で起こった状態のことを指すカイロプラクティック用語になります。

 

サブラクセーション―

shutterstock_370332245.jpg

次の3つが一般的なサブラクセーションです。

1.関節のポジションの異常

2.関節可動域制限

 

この要素によって例えば

「首を左右に振り向いた際 どちらかが振り向けない または痛みがある」「腰の曲げ伸ばしがしにくい または痛い

などの症状が自覚されます。

 

そして もう1つ、

shutterstock_126578000.jpg

脳への上りと下りのルート― 

サブラクセーションの考えには

3.神経機能の不調

というものがあります。

 

ホメオスタシスを実現しているのは神経の働きによるものです。

 

 画でピンクで示される神経は、背骨の後ろ側にあるトンネルのような構造を走行し、脳と全身とをつないでいます。

脳からの命令が神経を介して筋肉や関節をコントロールしています。 手足・全身動かせるのは神経による信号の伝達によるものです。

 

暑い・寒い・痛いという感覚神経が脳に伝達しています。内臓の働きを司る自律神経も背骨を通ります。

 

神経はカラダの内外で起こった変化を脳に伝え、それに対して必要な反応をカラダに起こします。

まさにホメオスタシスです。

 

背骨は神経の通り道ですから背骨の関節におこったサブラクセーションが、この神経の働きを阻害させ信号に不調がおこります。

 

脳への上りと下りのルート、それが背骨です。

009.JPG

このような健康の維持を妨げる要因 “サブラクセーション” それを取り除き調整する手技がカイロプラクティック・アジャスメントです。

 

神経‐筋‐骨格系が機能している状態 症状改善・健康維持・予防 

それがカイロプラクティック・ヘルスケアです。

 

 ―☆WHOが認める民間療法は、カイロプラクティックの2つだけです☆―

 

 サブラクセーションは ―

外傷によるケガ・過剰な運動・運動不足・同じ姿勢・不良姿勢・内臓の不調・化学物質・精神的ストレス ― 

などによって発生します。