スタッフ紹介

小林 祐介
シェフ

小林祐介(こばやし ゆうすけ)

山梨の洋食屋2代目として生まれる。

誕生の半年後に「レストランニューポート」が開店、店と共に育ち、幼いころから料理やサービスに触れる。

高校卒業後、東京・服部栄養専門学校にて料理の基礎を学ぶ。フランス旅行にて様々な三ツ星レストラン等を巡る(ピエールガニエール、トゥールダルジャン、アランシャペル、ステラマリス等)

東京・目黒、恵比寿、神奈川・横浜元町のフランス料理店で修業する。

オーストラリア・ゴールドコーストにて料理留学をし研鑽積む。

フランス美食の街リヨンにてフランス料理界最高峰の称号MOF(フランス国家最優秀職人章)を持つピエールオルシ氏に師事し、良いレストランに関する料理観や技術を修行し、学ぶ。

フランス本場の三ツ星レストラン「ポールボキューズ」、「トロワグロ」、本場のフレンチ・ビストロなどを巡り、様々な体験を積む。

実家山梨に帰郷し、レストランニューポートに戻りシェフ(料理長)となる。ワインにも興味を持ち、ソムリエ資格を取得する。

山梨の生産者さんと繋がりを持ち、自ら足を運び厳選した素晴らしい山梨の食材やこだわりの山梨ワインを取り入れる。

イタリア・トリノで行われた100万人の来場者を誇る世界最大規模の食品展示会「Salone del Guste」にて山梨の魅力ある食材をPRする事業に参加し、銀座すし幸の杉山氏と共に多くの来場者に山梨の食材を世界にPRする

「おいしい山梨を創るプロジェクト」に参加し、ドミニク・コルビシェフやステファノダルモーロシェフ、笹島保弘シェフ、杉山衛シェフ、笹岡隆次シェフ、遠藤浄シェフなど丸の内シェフズクラブのシェフと交流し、様々な学びを得る。山梨シェフズクラブの立ち上げに参加し、一員となる。

マスターが培ってきた38年の歴史ある洋食や鉄板焼ステーキを軸に自身の料理観を入れながら、「レストラン」という場の素晴らしさ、山梨食材の素晴らしさ、料理人のオモシロさを発信する。

「笑顔が集まるレストラン」をコンセプトに、お客様にとって思い出に残るレストランを創るため、日々精進中。

『facebookやinstagramで発信していますので、ぜひ友達申請やフォローいただけたら嬉しいです。よろしくお願いいたします。』

https://www.instagram.com/yamanashi_restaurant_newport/

https://www.facebook.com/yusuke.kobayashi.39589149 

◎水と大陽のレシピ