Tel / 

ネットイン  

~横浜市近郊の卓球の試合情報配信
 & ネットインリーグ開催~

ネットインリーグの試合形式

 

 

ネットインリーグは、各選手に配布するスコアカードと、進行係が記入する対戦表をもとに試合を進行します。

 

試合の進行とともに、レベルの近い選手との試合ができるようになり、最終的に、同じレベルの試合で勝利を続けた選手が優勝となります。

 

また、空いている時間に、1人最低1回は、コーチと1セットマッチ(人数によっては2~3セットマッチ)を行い、アドバイスを受けるように進行します。

 

人数や台の数によって試合の進行が変わってきますが、以下に20人×5台の場合を例として説明していきます。

 

 

 

 

 <対戦表の作成方法>

 

 

 

10人ずつの2グループに分け、それぞれ上下2段のリーグ戦の表をつくる。

 

・同じ団体の選手は表の上段なら上段、下段なら下段にくるように書く。

 

 ・同じ団体内では、強い順に選手を書く。

 

 

 

 

<試合の進行>

 

  

・各グループは、それぞれ2台のコートで試合を行い、残りの1台のコートをコーチとの1セットマッチ(アドバイス付)で使用する。

 

第一試合は、次にその台で試合をする選手が審判をし、以降は敗者審判。

 

勝者はコーチとの1セットマッチへ。但し、試合を組めるようなら試合を優先。

 

審判中の選手が試合にならないよう、勝者先行で試合を組む。

 

 

 

・第一試合は、同一グループ内の上位と下位が対戦する。

 

Aリーグ10名の場合、上位1番目と10番目、2番目と9番目が第一試合。

 

3番目と8番目、4番目と7番目が第1試合の審判。第一試合終了後、そのまま対戦。

 

5番目と6番目は、コーチとの1セットマッチ。その後、空いたコートで対戦。

 

(奇数の場合、残った選手は一番早く終了した勝者と対戦を行う。)

 

 

 

・第二試合以降は、対戦結果が同じ(または近い)成績の選手どうしの試合となるように組む。

 

第二試合では、第一試合の勝者どうし、敗者どうし。

 

第三試合では、2勝どうし、2敗どうし。1敗どうしの場合は、なるべく同じパターンで勝利している選手どうしを組む。

(「第一試合勝ち第二試合負けの選手」と「第一試合負け第二試合勝ちの選手」はなるべく避ける。)

 

 第四試合で以下のような成績の選手が残った場合は
 A:1勝2敗(合計7セット勝6セット負)
 B:1勝2敗(合計3セット勝8セット負)
 C:2勝1敗
 D:0勝3敗
A対B、C対Dとしない。できるだけ対戦成績が近いようにするため、AはBより勝敗セット数がBに勝っているので、A対C、B対Dのように組む。 

 


・審判は各人の試合結果をそれぞれのカードに記入し、勝者が2人分のカードを進行係に戻す。

 

・進行係は対戦結果をリーグ戦の表に記入し、次の試合を上記にもとづいて組む。

その際、1度対戦した相手とまた対戦しないように組む。 

 

 

 全員4試合をした時点で全勝の選手が優勝となる。

 

(全勝の選手が複数いる場合は、決定戦を行う。時間がない場合は全勝の選手、全員が優勝とする。)

 

 

 

 

 

<リーグの昇降>

 

 

 

 ・リーグで全勝した選手は、次回参加時、原則として上のリーグに昇格する。

 

 

 ・リーグで全敗した選手は、次回参加時、原則として下のリーグに降格する。