information

2017-04-09 03:25:00

4月7日付け「全国農業新聞」に、南伊豆の猟師さん黒田利貴男さんの記事を書きました。

獣害対策、捕獲、解体、加工、販売…

一手に手がける森の総合商社。

目指すのは森と人の再生です0407黒田さん.jpg

 


2017-04-03 06:41:00

ブログ更新「比良木屋のこと」
http://mkayanooo.jugem.jp/?eid=3
DSC_1578.JPG

 

 


2017-04-01 08:49:00

3月31日刊の「全国農業新聞」で、山梨県都留市のプロテクト Jを紹介しています。

去年初めて会った時、猟場でお弁当忘れた我々に、カップ麺譲ってくれたのは、社長の石井 誠人さんと池戸 浩気さんでした。

初めて大掛かりな猟に加わって、ムチャムチャ緊張していたので、ホント、ありがたかった‼️

その後も野生獣から大事なものを守るフェンスをガンガン設置したり、大型のサルの捕獲装置も開発されました。

その名も「て! 出れんじゃん!!」
最初は、なんじゃその名前? と思ったのですが、山梨の人はびっくりすると「て!」という習性があるそうです。

山梨のサルもそういっているかもしれません。

今年はメンバーに長男の詳馬さんも加わって、パワーアップ! さらなるご活躍、お祈りしています。

プロテクトJ.jpg


2017-04-01 08:41:00

3月24日「全国農業新聞」で、富士吉田市の勝俣夫妻を紹介しています。

去年勝俣麻里加さんに初めて会った時、赤ちゃん背負って店に出て、翌日は猟銃背負って猟に出ていたので、びっくり!

今年訪ねたら、ちゃんと獲物を仕留めていました。
すごいすごい。

よく考えたら猟師を生むのも女性だし、育てるのも女性。

自然や動物をめぐる現実を、自分の目で見て、ちゃんと伝えられる人が、少しずつ増えていくのは、大事なことだと思います。

勝俣邦広さんの作る「鹿邦」のご飯も、んまい、んまい♪
いろんな意味で、最先端なご夫妻だと思います。鹿邦.jpg


2017-04-01 08:36:00

「全国農業新聞」3月24日号。
「1日1カット」で下田の魅力を伝える「下田写真部」を紹介しています。

元は素人でも、互いに作品を見せ合ったり、プロからテクニックを学ぶうち、めきめき腕を上げている模様です。

今回写真でしかお目にかかれなかった、平山 武三さんの下田クレソン。わしわし食べてみたいです。

下田写真部.jpg


1 2