整体学教室

 

                 健昴会整体学教室・健正術/健体法(FPM)

 

  =========================================

   ◆健昴会の整体学教室は、整体師養成目的の学校・教室ではありません◆

 

 短期間コースの制度もありません。あくまでも、健昴会の整体学教室は、各々が自分の整体を作り上げてゆくひとつの場であるとお考えください。

 整体という人の体をみる仕事において、一番大切なことは、「自分の体の感受性を日々昂めてゆこうと努力すること」だと私は思います。試行錯誤して自分の体を変えようとしない人は、他人の体をみても頭の知識だけで体をみようとします。言葉はきついかもしれませんが、自分の体も変えようと努力できない人が、他人の体の方向性を指し示すことなど可笑しくはないでしょうか。

 ですから、あえて健昴会の整体教室は、「まず、自分の体を見直す」ことから始めます。整体の知識をいくら頭に詰め込んだとしても、それを自分の体に照らし合わせる感受性がなければ、そんな知識は何の役にも立たないと思うからです。

 自分の体を変えようと努力することで、理論と技術が身につき、自然に他人の体が解ってくるのです。そうなれば、自ずと説得力のある自分の整体が構築できるはずです。

 また、整体の教室というと、 他人の体を変えるテクニックを教えてくれ、それを学ぶところだとほとんどの人が考えます。

 背骨を真っ直ぐに矯正するとか、ずれた骨を元に戻すとか、骨の動きを整えるとか、そういったテクニックの追究ではなく、私の考える整体というのはそういうものではなく、人の体のゆがみや硬直がどうして起こり、それがどうのような経緯で病症に繫がってゆくのかという理論的な解明を目指す学問です。人は人として存在しているのであって、骨や筋肉で存在しているのではないと考えます。

 整体指導とは、体を見てくれと来た人の体を触診し、どのような傾向のある体なのかを的確に判断する事です。

「あなたの体はこうなっているから、このようにしなさい。この体操をしなさい。」というアドバイスをすることだと考えます。

「ちょっと触ればなんでも治る」超能力や、どんな痛みでも取る神業のようなテクニックというものはこの世にはないと断言します。すくなくとも私はそういった言葉(宣伝)は信じませんし、見たことも体験もしたこともありません。

そういうものを健昴会の整体学は目指してはいないのです。

なぜか・・・・・・、

<自分の健康というものは、自分で獲得するもの>だと考えるからです。

 自分の体を治し、また、育ててゆくことは自分でしか成し得ないのです。

 

 

=========================================

 東京教室

  ●現在、東京における新規の勉強会の受付は控えさせて頂いております。

 

=========================================

 大阪教室 (2018年2月以降の新規参加者の募集は中止しております。再開は追ってお知らせいたします。

 

●大阪教室は、原則的に毎月第4日曜日ですが、月によって変更することがありますので、予定表(カレンダー)、もしくは、お知らせ(information)にてお確かめください。

●健昴会整体学教室は、整体学校ではありませんので、見学は一切受け付けておりません。

●録画、録音はご遠慮頂いております。

●大阪での整体施術は、時間の都合上原則として受け付けておりません。

●参加ご希望の方は、前々日までにご連絡ください。

●学生、未成年者は参加不可。

      ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 ◆場所・・・「東淀川区民会館・4階和室」 大阪市東淀川区東淡路1-4-53

       http://www.kyoiku-shinko.jp/higashiyodogawa/

       ℡06-6379-0700

       阪急京都線「淡路駅」下車700メートル

◆時間・・・14時~16時半 (13時半より整体体操FPMを教習しておりますので、体操も習いたい方は13時半までにお越しください)

◆勉強会費・・・1回につき1万2千円(当日の終会後にお支払いください)

◆内容・・治療家の方の参加者が多いため、実践的な整体実技や体の見方や体操の説明の講習がメインとなっております。

 

ご注意・・新しく参加ご希望の方は、①ご職業、②年齢、③ご住所、電話番号、④整体の勉強経験の有無、⑤所属団体の有無をお知らせください。

  新しく大阪教室参加希望のメールを送られる場合、以上の①~⑤の5項目を必ず明記してください。迷惑メール防止のため、明記していない場合はこちらからご返答いたしません。(これらが記載していない場合は、大阪教室のご参加はお断りさせて頂きます)

      

 大阪教室参加の場合も、東京の整体指導と同様に、初見で①~③の事項を当日、登録書に記載して頂いております。もし、これらを記載したくないという事情がある方は、当方とは相容れませんので大阪教室のご参加はお断りさせて頂きます。当方から、参加を認める旨の通知がない方は、当日会場にお越しになっても入場はできません。

      

●お着替えする部屋はあります。動きやすい服装をお持ちください。練習の時に必要ですので、顔の下に敷くハンカチ、または、タオルをご用意ください。

 

★この教室は、整体師養成の目的の教室ではありません。何回、出席すれば良いか、というカリキュラムはありません。資格制度も設けてはおりません。その点を十分ご考慮ください。

 また、著しく教室の雰囲気を乱し、他の人に対する批判的侮辱的行為、または、言動を行なった場合は、理由の如何に関わらず即刻退出していただき、その後の出席は一切認めません。

 ★終会後に一度お支払いされた勉強会の会費は、いかなる場合も、その後返金はいたしません。終会後に支払われる費用に関しては、指導、または、講義の内容に不服がないとみなします。もし、指導や講義の内容に不服がある場合は、即刻その旨を告げ退出してください。その場合は費用は頂きません。

宮川整体・整体健昴会の勉強会に出席される方は、以上の注意点を了承したとみなします。

 

 

<大阪教室講義内容覚え書き>

 

2013年

●1月13日

腸骨支持点の重要性。腰の三角と、その押さえ方。前腕の押さえるポイント。

●2月10日

癌の体の特徴。手足の外踝、内踝の意味。筋萎縮症、痴呆症。

●3月17日

腎穴点と腹部の連動性。頸部操法その3。側腹の縁と手の指の連動性。

●4月7日

右腸骨支持点の意味合い、押さえ方。肘の内側の連動。

胸椎10,11番の二側の意味、押さえ方。脚、腰、胸郭、腕の連動。

●5月26日

体の法則性。上肢の操法アドバンス。下肢の操法アドバンス。

●6月2日

背骨の触り方、見方。体の法則性。前回の復習。頭部の形の変化の一例と操法。

●7月7日

DVD体操篇(Five Perfect motion)撮影。

●8月4日

座骨神経痛の操法、足裏からの判断、五十肩の操法

●9月1日

秋の体の症状と特徴。秋の体の操法。膝の操法。秋の頭部のポイント。ある特徴的な頭部のポイントの変化の話。

●10月6日

仙骨と押さえ方。仙腸関節と脚のある部分との連動。座骨孔の意味と押さえ方。

●11月3日

秋の体(捻れる体)の見方と操法の要点。頚部と顎。腹部。五十肩の操法ポイントその3。

●12月22日

肩胛骨の動きの大切。慢性関節リウマチの操法のひとつ。座骨神経痛、脊椎狭窄症のアプローチ

2014年

●1月12日

前鋸筋と腸腰筋の意味とポイント。体のとらえ方さわり方。

●2月16日

腎臓の捻れの連動性の終着点はどこか。側頭骨と蝶形骨の操法。

●3月16日

甲状腺・ホルモンの操法。連動している処。

●4月13日

ホルモンの操法その2、卵巣と睾丸について。腰椎の連動。

●5月11日

内分泌系(ホルモン)と椎骨。頭部と腹部とホルモンとの連動性。

●6月15日

ホルモンその4、ホルモンのアンバランスと共に、硬直が上に上がるときの重要なポイント。そのポイントと頭部の活点(第6)との関係。

●7月20日

脚の長さの比較から、その人の体を読む。脚の操法点。背中の一側の取り方(浮き出させて)

●8月31日

ホルモンその5、泌尿器、生殖器、の操法の考え方と施術の方法。股関節の矯正方を入れて。

●9月21日

仙骨と呼吸器の連動、仙骨の見方と操法、腹部の要点。整体操法の奥義について。

●10月19日

腹部操法の要点と、さわり方の要点

●11月23日

肩胛骨の変動する季節。肩胛骨と股関節の動かし方。

肩胛骨が変動するときの症状、および、操法ポイント。

●12月28日

一側について。その押さえ方の要点。整体学操法の最重要事項。

頸椎の一側の押さえと意味。

 

2015年(平成27年)

●1月25日

整体学の体に対する考え方・要点。自律神経系に対するアプローチ。

●2月22日

春の体のポイント。膝の方向性の重要性。

●3月22日

春の前頭骨操法(花粉症等)。 甲状腺の問題が出やすい人の体の要点。

腹部と歯の問題の位置的相関関係。 

●4月26日

腕の尺骨の飛び出しと操法。重要な上腕にある筋肉の関係。

股関節の矯正方法と意味。頭部第2の出発点のポイント。

●5月31日

仙骨と胸骨という骨の関係、体の中の三角の関係性。

足首の意味。足の重要な操法と意味。

●6月28日

癌の体。整体学の背骨の触診の基本。糖尿病の体。

●7月26日

夏の頭部操法(脳圧を下げる)と、体の連動。

●8月30日

手首足首とホルモンの関係。操法の仕方。

●9月27日

腹部操法上級編・(呼吸をとる・側腹の左右の取り方の違いと意味)

●10月25日

腰痛の矯正姿勢のポイント、体操3種。頭部活点と腰痛。

●11月29日

整体体操(FPM)会

●12月27日

腰痛、ギックリ腰時の簡単な緩和操法。(相手の力を利用して、L4,L5から一側線を上に順々に上げてゆく操法)

 

2016年(平成28年)

●1月31日

頭部と背中の呼吸器の連動ポイント。頭の形とは。

●2月28日

女性の体の特徴から見た足の操法と頚部の操法。

●3月28日

人の感受性の話。重要な体操2種。ストレスと頭部操法のポイント。

●4月24日

感受性の話。男と女の感受性。腎系の基本的な操法。

●5月23日

背中の左右1側の表情から判断できるその人の食の内容。操法の仕方。頭部、頚部の操法。

●6月26日

腎の下がりを矯正する、腹部のポイントラインと腸骨のポイント。

●7月31日

腹部ポイントラインと恥骨。アトピー性皮膚炎。

●8月28日

子宮筋腫、婦人科系の問題を出す傾向を持つ体の特徴と、腰部と腹部の関係性。

体を捻る矯正方法をおこなう時の一番重要な事とやり方。それが何処に連動して矯正されるか。

(この矯正方法は、アトピー、心臓疾患、肺の問題に応用)

●9月は休会

●10月23日

かなり重要な事項。女性の体を診る上での指針と矯正法の角度。

腹の操法(肝臓の操法)

●11月27日

目の話。目の要点。女性の体の整体学。背中二側線の事。

膝の操法。腰の操法(ホルモン) パーキンソン、女性の糖尿病。

●12月25日

女性の体の整体学その2。体の歪みの理由の話。掴むという動作。歩くという動作。

感覚の世界。姿勢の意味。柔軟性とは。現代人の忘れかけている感覚の世界。

 

2017年(平成29年)

 

●1月22日

  筋膜は内蔵を包んでいる。食べ過ぎで硬直するポイント。

  のどの痛み等のリンパの流れの道筋。会陰操法のポイント。

●2月19日

 「女性の体は右脚から直す」 

●3月12日

 花粉症について、肩胛骨のポイント、解毒について。

●4月23日

 体操会(重要ポイント説明)

●5月28日

 重要操法二種類。

●6月25日

 腓骨操法その2

●7月30日

 腓骨の動きと矯正方法

●9月24日

 頸椎操法のポイント

●10月22日

 膝のポイント。鎖骨、尺骨、腓骨の話。

●11月26日

 腓骨の矯正形とポイント

●12月24日

 寝違え、喉、鼻の症状と肩胛骨のポイント。腓骨矯正の総まとめ。

 

2018年(平成30年)

1月14日

 腓骨脛骨の変位の法則、連動する場所、体操、矯正法