インフォメーション

2016-06-07 23:05:00

https://youtu.be/Z3gwbTWpndw

【YouTubeタイトル】

 港ハイライト1st.アルバム『抱かれたい女』feat. 古川 麦  全曲試聴トレイラー

 

 【解説】港ハイライトはノラオンナ 藤原マヒト 柿澤龍介

 による音楽グループです。

 

港ハイライト1st.アルバム『抱かれたい女』feat.古川麦

2016年7月18日リリース

12インチレコード: (港ハイライトサイト通販のみ)

        NORA-0008A/¥3,780(税込価格)

CD: NORA-0008/¥2,700(税込価格)

   発売元 : NORAONNA RECORD

   販売元 : NORAONNA

   流通  :タワーレコードディストリビューション

   港ハイライト公式サイト

   http://r.goope.jp/minato3

 

収録曲

1.港がみえない

2.無理を承知で言ってるの

3.ないものみえないもの

4.愛の劇場                  

5.タクト

6.やさしさの出口で

7.粉雪

8.港ハイライトブルーズ

9.抱かれたい女

全9曲 /44分

1.2.3.4.5./アナログ サイドA

6.7.8.9./アナログ サイドB

 

絵コンテ/ディレクション : ノラオンナ

撮影/編集 : 足立洋介

ナレーション: ノラオンナ

モデル :  更紗

*******

恋心を忘れないすべての大人に贈る2016年の新たなスタンダードナンバー集、港ハイライトfeat.古川麦『抱かれたい女』

 

港ハイライト。ノラオンナ(作詞作曲、Vo、ウクレレ)、ワールドスタンダードなど様々な顔を持つ、藤原マヒト(Ba、Key)、現在活動休止中のトルネード竜巻のドラマー、柿澤龍介(Per)、による音楽グループ。松本隆氏の風待レコードから2004年に『少しおとなになりなさい』でデビューし「独特の美学を頑固に貫く、少年も少女も超えた存在(松本隆)」と世界観を絶賛された

唯一無二のウクレレ弾き語りSSWノラオンナの呼びかけにより、2012年東京で結成。ギターレス・ピアノトリオと男女ツインボーカルの5人編成でスタートし、現在の3人に。

 

2014年ノラオンナと出逢い、お互いのジョアン ジルベルト好きから意気投合。昨年2015年ノラオンナソロアルバム「なんとかロマンチック」(港ハイライトがサウンドプロデュース)ではゲストミュージシャンとして参加している、気鋭のSSWであり、確かな技術とエッジの効いたセンスを持つマルチプレーヤーとして、表現(hyogen)、cero、あだち麗三郎クワルテッット等でも活躍中の古川麦のボーカル、ギター、管楽器、口笛をフィーチャーし、満を持しての1stアルバム『抱かれたい女』をリリースする。

 

ノラオンナのざらついた陰影の深い歌声と古川麦の魅惑のシルキーボイスのエロティックな重なり合いはたまらなく、必聴。ボサノバ、シャンソン、ブルース、ジャズ等のルーツミュージックに昭和歌謡とシティポップスをまぶし、独自の言語感覚で綴る短編小説的なソングライティング。遊び心に溢れ、人の手のぬくもりの伝わる濃密なサウンド。トム・ウェイツの『スモール・チェンジ』やレニー・クラヴィッツの『ママ・セッド』のように、大人のリスナーにはある種のノスタルジーを、若者には鮮烈なフレッシュネスをもたらすだろう。

 

ダークでブルージィなウクレレ弾き語りのM1「港がみえない」からスネア一発、スパイ映画のOP曲を思わせる刺激的なM2「無理を承知で言ってるの」へ。「今が全てってありったけに、らら、楽しく溺れてうたわせてフィクション‼︎」と歌うM4「愛の劇場」。ノラオンナの繊細な詞世界を丁寧に掬い取った古川麦リード曲M6「やさしさの出口で」。ヘヴィー級のマイナースウィング、港ハイライトテーマ曲M8「港ハイライトブルーズ」。R&Bテイストのソフトロックは静かに踊り出すM9「抱かれたい女」まで。聴きどころしかないこの夏リリースの美しくエロティックな1枚です。    (カワグチタケシ)

 

 

港です女ですアムールです。これはもうひとつの「夜のアルバム」 (小西康陽)