コンサート情報

2019/01/05

今年もどうぞ宜しくお願い致します。

AF2B8654-8A11-4213-A63B-3EDD3D40C60D.jpeg

明けましておめでとうございます。

 

昨年はクィーンズ企画主催のコンサートやイベントなど足をお運びいただきありがとうございました。またスタジオメゾンFも沢山の音楽家の方にご利用いただきました。

 

今年もすでに素晴らしいアーティストの方々との企画が進行中です。

随時ご案内させていただきますのでどうぞ宜しくお願い致します。

 

実行委員として関わっております福岡ジルベスターコンサート。おかげさまでカウントダウン大成功を収め、感動と笑顔で新年を迎えることができました。

2019年㊗️皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

 

メゾンF

クィーンズ企画

 

                          

2018/12/05

大村友樹フルートリサイタル終了いたしました。

A66AAF43-2037-4880-9F7E-13B189A382E3.jpeg

12月と思えないようなちょっと蒸し暑いくらいのお天気で、時折雨も降りましたが、沢山のお客様にご来場いただき、満席の会場は満を持しての大村友樹さんのソロリサイタルに熱い期待満ち、そしてその期待に素晴らしい演奏で応えてくださいました。

フルート吹きの方でしたら多分このプログラムを一度に演奏?とびっくりするような内容でご本人もちょっと後悔されてましたが、高い集中力で最後の一曲まで演奏されました。

 

九州交響楽団での演奏以外にもアンサンブルの指導や本番、レッスンなど過密スケジュールのなかリサイタルの準備で大変だったと思います。

そのなかで、プロの演奏家としての責務と自負を持ってリサイタルに向かう大村友樹さんの真摯な姿勢に感銘を受けました。

ピアノの藤本史子さんとのアンサンブルも素晴らしく大きな拍手と感動に包まれ終演いたしました。

平日のお忙しい中、沢山のお客様に来場いただき心より感謝申し上げます。

2018/11/21

大村友樹フルートリサイタル

127DB127-F4BD-4F48-8F54-191F3D98E271.jpeg

クィーズ企画次回のコンサートはこちら!

 

九州交響楽団首席フルート奏者に就任されてから

待望の初リサイタル。

九響の演奏会でもお客様を魅了されているその素晴らしいフルートの音色をたっぷりソロでお楽しみください。

 

そしてフルート吹きにはたまらない名曲プログラムです。

2018/11/20

イグナツ・リシェツキピアノリサイタル無事終了いたしました。

79607F80-9AD0-4949-BBAE-0E23ECF428DC.jpeg

イグナツ・リシェツキピアノリサイタル無事終了いたしました。

たくさんのお客様がご来場くださり、またなにより彼の演奏を喜んで聴いいただいているのが伝わりとても素晴らしい時間を共有することができました。

 

あらためて音楽で感動を伝えることの素晴らしさを実感しました。

昨夜の拍手は演奏に感動したお客様の自然に湧き上がる心からの拍手でした。

もっと多くの方々に聴いていただきたかったと自分の力不足も感じましたが、今回アンケートを見るとフェイスブックやツイッター、チラシからと興味を持って来てくださった方も多くまた次回も来たいとのコメントも多数あり嬉しかったです。

 

ご来場いただきましたお客様、また協力してくださった関係者の皆様に心より感謝申し上げます。

今後ともどうぞよろしくお願い致します。

 

クィーンズ企画

2018/11/15

イグナツ・リシェツキ ピアノリサイタル~ショパンから近代まで

表イグナツリシェツキ2018チラシ.jpg

 

決して短くない123年という年月。
その時を経て母国をとりもどすのに、どれほどのエネルギーが注がれただろう。
母国が奪われるということ、想像してみても現実味が湧かない。
ポーランド独立100年といっても、私たちには遠い国のことかもしれない。
ぴんとこない、かもしれない。
けれどその歴史に思いを馳せることにこそ、意味があると信じたい。
そして音楽には、国境はないし、遠い近いもない。

独立記念日。そのちょうど100年にあたる日の昨日、母国ポーランドとそこで生まれた音楽への思いを、イグナツは福岡の新聞記者さんに熱く熱く語っていました。…約3時間。私は傍観しながらも、これがまさに100年を超えて国を、文化を、復活させたポーランド人の誇りと情熱に通じるんだろうなとひそかに感動していました。

イグナツ・リシェツキ ピアノリサイタル(福岡)まで1週間になりました。
来週、19日月曜日の夜7時からです。
よかったら、あいれふにいらしてください。
聴いてもらえること、ただそれだけが、演奏家がいちばん望んでいることです。
メインはショパンのバラード全曲。ピアノ好きにもそうでない人にもたまらない名曲です。
そして、かなりマニアックな方なら知ってるかも知れないパレステルという作曲家。
今でいうポーランドのペンデレツキくらい当時は人気の作曲家だったらしいのですが、国の検閲でその名も作品も葬られたそう。
パレステルピアノソナタ作品の初演もあります。
ホールには、小学生から入れます。

明日の西日本新聞にインタビュー記事が掲載される予定です。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...