News

2018-01-17 02:31:00

 

ことしの展示スタートはコチラから!

 

ベル・エポックのパリに生き、クルチザンヌ(高級娼婦)から大公妃、聖女という激動の人生を送ったリアーヌ・ド・プージィを様々なアーティスト達がそれぞれの表現で皆さまをお迎え致します。

私は前期の美術展に参加させて頂きます。

 

『玉田優花子 × 霧とリボン』

ヴァレンタイン共同企画展

ミス・モーヴ、リアーヌ・ド・プージィに会いに行く

★★前期・美術展★★

2018年2月11日(日)〜17日(土) *15日(木)休

[営業時間]

13:30~19:30 *最終日のみ~18:00

[展示作家]

鳥居椿(絵画)

日香里(絵画)

松下さちこ(イラスト)

メリリル(洋菓子)

山口友里(オブジェ・アクセサリー) .

.

★★後期・服飾展★★

2018年2月25日(日)〜3月3日(土)*3月1日(木)休

[営業時間]

13:30~19:30 *最終日のみ~18:00

[展示作家]

Belle des Poupee(アクセサリー)

massaging capsule(服飾小物)

[コラボレーション・レーベル“Modern Mauve Flapper”展示作家]

銀座ボーグ & 霧とリボン(帽子)

mIRA. & 霧とリボン(ドレス) ・

菫色の小部屋に棲むミス・モーヴが、歴史や小説の中に分け入り、ひとりの特別な女性/THE WOMANに会いに行くシリーズ企画の第一弾。

今回のTHE WOMANは、ベル・エポックの巴里に生き、

プルースト『失われた時を求めて』のオデットのモデルにもなった世紀の美女リアーヌ・ド・プージィ。 

19世紀フランス詩研究が専門の玉田優花子がミス・モーヴに扮し、皆様をリアーヌの世界へとご案内いたします。

ミス・モーヴのツイッター・アカウントはコチラ!→Twitter/@miss_m_a_u_v_e

 

 

クルチザンヌ、大公妃、聖女として激動の生涯を送ったリアーヌの肖像を、絵画・イラスト・オブジェ・洋菓子で描く前期美術展と、帽子・ドレス・服飾小物・アクセサリーで描く後期服飾展——ふたつの会期で構成された、女性から女性へのヴァレンタイン企画展です。 

 

【霧とリボン】

〒180-0002

東京都武蔵野市吉祥寺東町2-33-16

ホロン内 1F 奥

TEL080-3483-9305(霧とリボン)  0422-27-2209(運営事務所ホロン)

info@kiri-to-ribbon.com

www.kiri-to-ribbon.com

 

.