インフォメーション

2018.08.06 (Mon)  09:00

介護の現実

 健康寿命が延びるのは喜ばしいことですが、介護が必要な状態になった場合、当人はもちろん、負担の多くはご家族にのしかかってきます。しかも、介護の負担は精神的・肉体的なものだけではありません。いまや介護を必要とする人は620万人。介護は9割以上の方が不安を感じたことのある事実なのです。

 介護をする人と介護を受ける人、それぞれに行った調査によると、「日常生活の悩みやストレスがある」と答えた人の割合が68%と高い水準にのぼり、介護をする側の人で「ストレスがある」と回答した方における悩みやストレスの原因のトップは「家族の病気や介護」が7割以上を占め、次いで「自分の病気や介護」が3割近くとなっており、介護がご家族に与える負担はかなり大きいことがうかがえます。

 平成27年では介護を理由に転職した人は22.2%、離職した人は16.7%にものぼります。収入の減少はまだしも完全に途絶えてしまえば、介護時の金銭的な負担はおろか、お子さまの進学断念など、家族の将来にまで迷惑をかけてしまう可能性もあります。介護の最後の砦ともいえる特別養護老人ホームも、厚生労働省の発表では申込希望者が30万人に達しています。この数字は高齢化の加速にともない、今後も増加すると予想されています。十分な介護資金がないとご自宅での重労働を伴う介護の原因となり、ご家族にも大きな負担や迷惑をかけてしまう可能性を含んでいるのです。

 医療保険やがん保険に加入していても、介護の場合は補償対象外です。もしもあなたが要介護状態になった場合はどうしますか?実際に介護している方からは、「経済的に余裕があって病院や施設に入ることができたら状況は大きく違っていたかもしれない」という言葉がよく聞かれます。

 介護の負担への「備え」が必要になってきます。

2018.06.11 (Mon)  09:00

見えない資産とは?

 ベストセラーになった『ライフ・シフト』の著者であるリンダ・グラットンは、100歳生きる人生に合わせて、働き方だけでなく、生き方を変えるべきだ、というメッセージを伝えています。

 この本の中で、平均寿命について「今20歳の人は100歳以上、40歳以上の人は95歳以上、60歳の人は90歳以上生きる確率が半分以上ある」と書かれています。そうなると、心配なのは、当然お金のことです。自分はいったい、いくら稼げばいいのか、いつまで働けばいいのか?

 テクノロジーの進展も激しい時代、永続する企業は減るだろうし、そういう企業があったとしても、「機械との競争」などで、稼げるスキルは変わります。新しい時代に合わせた働き方について、著者はマルチステージ、マルチシナリオの人生を紹介しています。長い人生、稼がなければ生きていけない。そのために苦痛な労働にどこまで耐えるか、という発想では、100年時代は生きるのにつらくなることでしょう。

 必要なお金を稼ぎつつ、人生を楽しむ秘訣は何か。著者は、家族や友人関係、肉体的、精神的幸福、自分についての深い知識、多様な人的ネットワークなどの「見えない」資産、無形資産を蓄積していくことの必要性を説いています。新しい時代に適応するためには、自分が「変化」をする必要があり、変化を成功させる要素として「新しい人的ネットワークを築くこと」「新しい経験に対する開けた態度」を著者は挙げています。

 変化に向けて行動する時には、他の人の生き方にも興味を持ち、新しいことを試すときにつきものの曖昧な状況を嫌わない姿勢も重要です。こうした変化に積極的に向き合うことは、ハードルが高いなと思う人がいるかもしれません。しかし、それができれば、これまで単線でしかなかった人生から、複線的な人生を歩むことができるようになるかもしれません。

 

 「精神科医が教える、ゆるふわ☆投資の心理学☆」を開講いたします。

 お金に強くなるためには、2種類の能力が必要だといわれます。

 一つ目は、お金のIQ(Intelligence Quotient):お金の知性、実務面の知識、知恵

 そして、もう一つは、お金のEQ(Emotional Quotient):お金に対する感情、感性

です。

 

 あなたは、いままでお金に強くなりたいと思った時に、どちらの概念をイメージしていましたか?ほとんどの方が、お金のEQという言葉は初耳だったかもしれません。

 

 このお金のIQ、EQのレベルの違いによって人のタイプを4つに分けることができます。(詳細はセミナーにてお伝えします)

 ほとんどの方が、IQを高めることに力を注いでいると思いますが、本当に必要なのはEQの方です。

 

 松下幸之助さんは、「人生の機微や商売人としてのあり方」を体に叩き込み、その後にお金や商売の知恵を身につけたから上手くいったと言われています。

 

 あなたは、何のためにお金を稼ぐのか?

 あなたは、何のためにお金を守るのか?

 あなたは、何のためにお金を殖やすのか?

 

 あなたが今学んでいることは、お金のIQでしょうか?EQでしょうか?

 学ぶことがイメージできてくると、よりお金に対する理解が深まるかもしれません。

 お金に対する感性を磨き続けましょう。

2018.02.04 (Sun)  08:00

「人生100年時代」に向けて

 AIやロボットといった新しいテクノロジー、医療の進化によって、現実味を帯びてきた人生100年時代の到来。ただし、はっきりとは見えぬ未来に、漠然とした不安を抱く方が多いのではないでしょうか?

 いまの社会とこれからの社会の大きな違いを知り、「人生100年時代」に向けての目標を立ててみませんか?

1 2