基本の材料 小麦粉

 KUUのパンは、北海道産の小麦粉を使用しています。

それぞれの小麦の特徴を生かして、食パンには「キタノカオリ」、菓子パンには「春よ恋」、ハードパンには「10P09」を使用しています。

 また、全て北海道産の小麦を使用しているので、輸入小麦に使用が認められているポストハーベスト農薬(収穫後農薬)残留の心配がありません。 

 

 

「キタノカオリ」

  「キタノカオリ」は、ほんのりクリーム色をした旨みのある小麦粉です。

 北海道産小麦特有のもっちり感があり、小麦の香りと噛みしめるほどに甘みが広がってくるのが特徴です。

 粉の黄色みが強いので、焼き上がりはほんのり美しいキツネ色になります。

 お勧めは低温でソフトに焼き上げた「食パン」ですが、北海道産ライ麦全粒粉を加えて高温で焼いた「ライ麦全粒粉入り食パン」もお勧めです。

 

北海道の農産物は、近頃の天候不順により全体的に収穫量が減少しているため、大手の江別製粉では、特に影響を受けている「キタノカオリ100%」の販売を中止しています。そのため、他の製粉会社から入手していますが、今後も継続して入手できるか不安定な状況が続いています。入手可能な限り、貴重なキタノカオリを是非ご賞味ください。

 

 

「石臼挽きキタノカオリ全粒粉」

  北海道産のキタノカオリを風味を壊さないよう丁寧に石臼で挽きました。

キタノカオリ小麦特有のもっちり感と、噛みしめるほどに甘みが感じられます。バランスのよい、小麦のおいしさを堪能できる全粒粉です。

 

 

「春よ恋」

 「春よ恋」は、もちもちしっとり食感と、ほんのり甘い粉の旨みを感じる小麦粉です。

 もちもちの生地は、クリームやあんこなどの甘いフィリングとの相性がよいため、KUUでは、菓子パンに使用しています。

 菓子パンは低温で焼くため、さらにもちもちの食感になります。お薦めは自家製カスタードクリームの「とろけるクリームパン」ですが、冷やして食べても美味しいので、2日目は「冷たいクリームパン」として冷やして販売しています。

 

 

 「10P09」

 北海道産小麦を100%使用した準強力粉です。

 タンパク質の含有量が多く、もっちりとした食感が特徴の「ゆめちから」と、上品な味わいとさっぱりした食感が特徴の「きたほなみ」などをブレンドした準強力粉です。

 様々な小麦の品種と異なる粗さの小麦粉の組み合わせで、北海道産小麦の特徴である旨みと香りを引き出し、しっとり感から歯切れの良さまで、食感を豊かに味わえます。

 ソフトで軽い食感の外国産ハード系小麦と違い、しっとりとしてもっちり感があり、トーストすると翌日でも外はカリッと中はもっちりと美味しく召し上がれます。

 

 

「北海道ライ麦全粒粉 粗挽きタイプ」

 ライ麦粗挽き全粒粉は、食パンからハードパンまでそれぞれのパンに合わせて5~17%混ぜることにより、ライ麦の香りともちもちとした食感を味わえます。

 焼き立ては、そのままお気に入りのオリーブオイルやハチミツなどで、翌日はトーストして外側のカリットした軽い食感と内側のもちもちした食感をご賞味ください。

  

 北海道産ライ麦は、江別製粉が農家さんとの取り組みで生産していますが、昨年の天候不順による不作の影響で、今年は販売制限をしています。

そのため、 継続して販売している業者がなく、不安定な仕入れ状況が続いています。また、現在のところ海外製品でも代替品がないような状況ですので、その都度、販売店を探しながら仕入れを行っています。