セラピスト紹介

丸本 るみ子

 

 

・ AEAJ認定アロマセラピスト

・ AEAJ認定アロマテラピーインストラクター

・ AEAJ認定アロマテラピーアドバイザー

・ ニールズヤードパートナーシップアロマセラピスト

・   看護師

 

 

 

 

私とアロマとの出会いは15年程前、‘癒し’というキーワードが注目され始めた頃。アロマセラピーも一般的に知られるようになっていました。「アロマを生活に取り入れたいな」と、精油を何種類か揃えて、芳香浴を楽しんだりしていました。それが私とアロマとの付き合い始めだったと思います。

 

娘と息子を出産。産後の体力の回復も追いつかないまま、年子の育児で心身共にヘトヘトになっていた頃、初めて受けたアロマセラピートリートメント。

植物のエネルギーがギュッと凝縮された混じりのない優しい香りに包まれて、セラピストさんの温かい手によって身体の緊張が解かれ、心も緩んでいくのを感じました。

そして、自分が思っていた以上に心も身体も疲れていたことにも気付きました。

周りに対してひたすら与え続けることが自分の役割だと思い込んでいたその頃。トリートメントを受けて自分を見つめる時間を持ったことで、与えるためにはまずは自分のコンディションを整えることが必要なんだなと、思えるようになりました。

心身に働きかけるアロマの素晴らしさをトリートメントで体感。本当の意味でのアロマとの出会いは、この時だったのかもしれませんね。

 

その後もアロマとの付き合いは続き、アロマサークルに入会、サークル仲間と活動していくうちにAEAJのアロマテラピー検定を受験。一つのことを始めたら追求したくなる性格から、さらに知識を深めたくなり、ニールズヤード大阪校でインストラクターとアロマセラピストのコースを学び、資格を取得。

そして2015年、アロマセラピーの自宅サロンをオープンすることになりました。

 

 

 

 

そういえば看護師になったのは、人の役に立ちたかったからだったな〜と思い出しました。

セラピストになったのも、同じ気持ちからなんですよ。

アロマを通して何かお手伝いができたら、こんなに嬉しいことはありません。

 

どうぞよろしくお願いいたします。