水野和敏、経歴とプロフィール

 

1952 1月  長野県生まれ。1972年国立長野工業高等専門学校卒業。

 

1972 4月  日産自動車入社。シャシー設計部配属。サニー、シルビア等開発

 

1976 4月~ 名古屋市日産サニー愛知に販売出向。

 

1970年後半 ~ セドリック、グロリアのターボエンジン、直6ディーゼル搭載開発、及び

        ブルーバード、サニーFF化の新規プラットフォーム計画と開発。

1980年中頃 ~ P10初代プリメーラ、R32スカイライン等の新規車両パッケージの提と開発

 

P10は欧州メーカーのベンチマーク車となり、R32スカイラインは新スポーツ

セダンとしてヒット。

 

 

1988年 4月~ 英国ローラ社とグループCプロトタイプレース車(R89C)開発、WSPC世界

        耐久メーカー選手権、JSPC国内耐久メーカー選手権に参戦。、 

                (日産とNISMOと日産MSヨーロッパの3社に席を持つ)

 

198912月~ NISMO社に出向しR90CPR92CPNP35等のグループCレースでチーム監督 兼開発責任者 兼レーストラックチーフエンジニアとして活動。

 

⇒国内耐久メーカー選手権3年連続チャンピオン獲得、92年デイトナ24時間レース

総合優勝獲得(特に92年は参戦全レース全勝)90年ル・マン24時間レース5位入賞、

・プライベート活動で国内F3000レース参戦しチャンピオン獲得。

 

      ☆日産自動車レース活動黄金期を構築 

 

 

1993 1月~ 日産自動車復職。スカイライン、ローレル等の 日産全乗用車系車両パッケー

              ジを責任者として開発。

 

1995 1月~ 日産自動車車両パッケージ設計,開発課長と兼任しNISMOR33GT-R国内GT選手

              権レース及び、ルマン24時間レースに監督 兼開発責任者 兼レーストラック

              チーフエンジニアとして参戦。

 

        ⇒国内GT選手権チャンピオン獲得、ルマン24時間レース10位 

 

1998年~   新V6フロントミッドシップFMパッケージの新規提案と車両開発

 

          ・V35型スカイライン、Z33型フェアレディZ 、ステージア、FX35&45 等の車両

              開発責任者( CVE )(新規プラットフォーム5車種を2年の間に発売)

 

           ☆インフィニティ系販売系列の復活と日産系スポーツカー復活

 

200312月~ 独立型トランスアクスルPMパッケージの新規提案と車両開発 及びGT-Rプロ

              ジェクト総責任者

 

         ・NISSAN R35GT-Rの企画、開発、生産、営業、収益、品質、新規販売網構築等

              プロジェクトに係る全ての統括と実行業務を遂行。

              [CPS(企画)PD(収益)及びCVE(車両開発責任者)が正式肩書き]

 

            GT-R高価格スーパーカー、超短期間でのグローバルトップブランドの構築と

              世界最高性能の実現。 

 

20133月末 日産自動車退社

 

 

 20134月~ NISSAN GT-Rやレース活動で証明した「日本人の力と文化は、歴史に無い

             短時間と少資源で世界最高の価値創造が出来る」事を”日本ナショナリティー

             ブランド”とし構築する為、基盤となる人材創造活動「生きる力」プロジェク

             トの主宰、企業力&人材育成の講演やセミナー,ラジオ&テレビ出演、自動車媒体

              試乗&執筆、その他各種媒体取材対応活動を実行中。

 

出版本には「非常識な本質、フォレスト出版」「プロジェクトGT-R、及び新書版、共に双葉社」「16歳の教科書-2、講談社」、発売CDには「世界一を最短で実現するリーダーシップとは、ALMACREATIONS」、発売DVDには「時を超える技術、フォレスト出版」等多数。