Information

2018 / 04 / 09  16:28

J-chef’sは、ブルーシーフードの理念に賛同します!

ブルーシーフードとは、資源が比較的豊富な魚介類のことです。

地球環境温暖化や乱獲により、日本だけでなく、世界的に魚介類の枯渇が増えています。水産庁によると、半数の魚種はすでに枯渇していて、日本人の大好きなクロマグロもうなぎも絶滅危惧種に指定されています。

国連は、このまま漁獲を続ければ2048年には、魚類が完全に枯渇すると予想。また、クロマグロはこの50年で97.4%も減少したと言われています。けれど、激減した魚も数年間の漁獲制限で回復すると言われています。海に5年ほど休息を与えれば、資源は回復するのです。

海洋環境の保護教育活動を通して次世代に豊かな海の幸を引き継ぐ活動をしている「セイラーズフォーザシー日本支局」(名誉会長:デイビッド・ロックフェラーJr.)が提唱する、ブルーシーフードをリスト化したブルーシーフードガイドの理念に、J-chef’sは賛同します。