インフォメーション

2014-03-27 12:29:00

久保田裕加さん(vo)のSpecial Sessionの詳細がついに公開!!

 

2014.4.29
 
Open 19:00 / Start 19:30
 
[music charge]
3000yen + 1drink order
 
[member]
久保田裕加(vo)
鈴木直人(gt)
川村竜(b)
 
 

◼︎久保田裕加(vo)

横浜生まれ。幼少期をアメリカで過ごす。ストリートカルチャーに影響を受け、ブラックミュージックやストリートダンスに傾倒、都内クラブ・ライブハウスを中心にライブ活動を開始。その後ニューヨークに渡りボーカルをJuanita Fleming 氏 に師事。

幅広いジャンルの音楽に触れていく中で、ジャズのメロディやリズム、自由な発想に魅了され、本格的にジャズボーカリストとして活動を始める。現在都内ジャズクラブ及びレストラン等を中心にライブ活動を行うほか、TVCM(キリン午後の紅茶等)、多方面で精力的に活躍中。
ジャズを難解なものとせず、独自の解釈で自由に歌いこなすスタイルが幅広い層に喜ばれている。

 




◼︎鈴木直人(g)

2004年ギブソンJazzギターコンテスト最優秀ギタリスト賞、2009年 Jazz session on youtube最優秀ギタリスト賞受賞。2012年Jazz Page人気投票ギター部門第一位獲得。2014年Diners Club Social Jazz Sessionギター部門優秀者。

HipHopユニット「SOFFet」や「ミヒマルGT」「倉木麻衣」「石井竜也」「BENI」「カノン」等のライブやレコーディングに参加。
徳田雄一郎(alto sax)率いるコンテンポラリージャズバンド「徳田雄一郎Quintet」に参加。1st「初期衝動」, 2nd「Urban lights~海時風色」と二枚のアルバムをリリース。現在 「徳田雄一郎Quintet」をバンド名「徳田雄一郎RalyzzDig」とあらため3rdアルバムとライブアルバムの二枚を春にリリース。
室屋光一郎(Violin)率いる「クラスタシア」に参加。1st「偉大な芸術家への挑戦」,2nd「未だふりつもる雪」をリリース。

日本全国及び世界各国のジャズフェスティバル等でも活動を展開中。
ジャズ、ポップス、ロックなど柔軟にこなし、卓越した技術と音楽性を持つスーパーギタリスト。


◼︎川村竜(b)

1982年大阪府出身。
高校時代にエレキベースを本格的に始め、在学中よりプロとしての活動をスタート。音楽大学に入学後、コントラバスを始め国内外の様々な著名ミュージシャンと共演を重ねる。2004年、ハワイで開催された国際コントラバスフェスティバルのJAZZ部門において、日本人初・史上最年少での最優秀賞を受賞。
ヨーロッパジャズの重鎮であるトランペッターのDusko Gojkovic氏のインターナショナルカルテットへの参加や、ビル・エヴァンスの最後のドラマー、Joe LaBarberaとのツアーやレコーディング。ピアニ ストのBill MaysやJohn Di Martinoとの共演など海外のミュージシャンからも厚い信頼を寄せられている。
2009年より、岩男潤子の歌手活動におけるプロデュース・バンマスをしている。
作編曲家としての評価も高く、数々のアニソンアレンジには作曲家の田中公平も絶賛。同氏の楽曲の編曲等も手がけるほか、台湾・香港・フランスでのライブにも帯同する。

1