インフォメーション

2014-03-23 10:41:00

ベビーシッターの事件について思うこと

今回のベビーシッターの事件に関して思うことを少し書いてみたいと思います。


 まず、このような事件が起きてしまったこと、同業者(とは言いたくないですが)として、そして子を持つ母親として大変残念に思います。そしてそれ以上に、憤りを感じます。
絶対にあってはならないことです。

 

その事件を知ったのは、来月再来月にベビーシッター研修の講師をさせていただく派遣会社様との打ち合わせの後で、‘安心’‘信頼’していただけるシッターさんをたくさん世に送り出したい!と、かなりモチベーションが上がっていた時でした…

 

‘かけがえのない命をお預かりする’この意識があったら、このようなことは絶対に起きなかったでしょう。これは、基本中の基本で、一番大切なことです。これが身に染みて、身についている人は、ベビーシッターとして、大きなことはもちろん例え小さなことでも絶対に不真面目なことはしないと考えています。だって、‘かけがえのない命’ですもの。それに、その存在を預ける保護者のことを思えば…

 

この間、友人のご主人が保育所へのアンケートにこのような回答をしていたと聞きました。

 

「世の中にはいろんな指導方法やメソッドがあるでしょうが、子どもを大切に思ってくれているのが一番です」

 

これを聞いたとき『そうそう!!』と嬉しくなったのです。私も、保育やシッティングのノウハウや知識・技術は2の次で良いと思っています。どれだけ子どもを大切に思えるか、愛情を注げるか。保護者に、どれだけ‘安心’‘信頼’を感じてもらえるか。これがベビーシッターとしての基本だと思います。(もちろんプロのベビーシッターは2番目以降のノウハウや知識・技術も必要です)

 

そんな人が身近にいて、自分の子どもを預けられたら安心ですよね。本当は身内に預けたい!でも、叶わない。このような方はたくさんいらっしゃいます。ですから、私はそのようなベビーシッター

を、本当に少しずつになるとは思いますが、世に送り出せればと思っています。二度とこのような事件が起きないようにするためにも。

 

ひまわりでは、‘命の尊さ’を基本の基本として意識し

保護者の方に、安心していただけるベビーシッターになるためのカリキュラムを

さらに強化していきたいと思っています。

 

2014-03-08 23:22:00

一般の皆様に公開いたします

本日『ひまわり』のホームページを一般の方々にもオープンいたしました。

今後は「子育て家族を‘ひまわり’のような笑顔にする」ために

活動を精力的に行っていきたいと思っております。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

最後に、ホームページ作成に協力をしてくれた

写真…ボス!

モデル…京子ちゃん あきちゃん さなちゃん みんな

ロゴなどを作ってくれた…たむりん

ホームページを作成してくれた…ちかちゃん

他にもたくさん…本当に感謝いたします。

ありがとう!

 

1

トップへ