カウンセリングについて

太陽と虹と芽 20170205.jpg

 

  

カウンセリングはうつなど気分障害・精神疾患の治療と思われている方も多いかもしれませんが、そればかりではありません。

 

今の生活や人間関係をより良くするための心理の研究も世界中で進んでいます。

 

あなたが「どうなりたいか」、人生におけるその意図を支えるのが私たちのカウンセリングの目的です。

 

 

日々生活していると、人間関係のこと、仕事・事業のこと、お金のこと、家族のこと、進路のこと、生活環境のこと、健康のこと、そして自分自身のこと…様々な問題にぶつかります。

 

ちょっとした気晴らしで解消できたり、自分で解決できたり、周りの人に相談できればいいのですが、そうはいかないことも出てきます。

 

あなたも思い返してみると、怒りや悲しさが頭から離れなかったり、不安に押しつぶされそうになったり、立ち上がれないくらい落ち込んだことも1度や2度ではないのではありませんか?

 

 

その問題に対して自分自身で悩むことも人生には大切です。悩み尽くし、それを乗り越えた自信が人生の糧になることでしょう。

 

 

ですが、やることがいっぱいで毎日忙しく、自分の悩みなんてどうにも出来ないと諦めて、その問題を放置してしまうと別の問題が現れます。

 

心の中を支配したモヤモヤで、疲れやすくなったり、仕事の効率が落ちたり、人間関係に支障がでてきたり、ひどくなると病気にまで発展しかねません。

 

また自分にとって大きな仕事・課題・目標を持てば、一人では抱えきれないほどの困難な状況にぶつかることは当然あります。

  

 

自分は今どういうところにいるのか?どういう状態なのか?どうしたらいいのか?

 

 

自分の顔が自分で見られないのと同じで、自分の心も自分ではわからないものです。だから、偉い先生や占いを頼りに、いいアドバイスや判断を求めたりしていませんか?

 

 

でも本当は、答えはあなた自身が知っています。モヤモヤの奥に答えを持っています。

 

なぜなら、人間は生き延びるために自分のことに関して基本的に判断能力を原始的に備えているからです。

 

その答えがわからなくなっているのは、周りの情報や自分の感情にかき消されてしまっているから。

 

それを引き出すためには、モヤモヤを受け止めて掃除してくれる相手が必要なだけなのです。

 

 

ところがそこで障害になるのは、人がどう思うか分からないあなたの悩みやモヤモヤを上手く話せないことです。

 

吐き出してしまえば楽になるのは薄々感じているけれど、「言えない…」と思っていませんか?

 

カウンセリングでは上手く話さなくて大丈夫です。

 

上手くスラスラと話せることは、表面的なことだからです。あなたの内に感じている言葉にしにくいモヤモヤを聞くのが、カウンセラーの仕事です。

 

 

もしかしたら勇気がいることかもしれませんが、あなたが内に抱えているものを口から発した時、その言葉を受け取ってもらえたと感じた時、頭の中のひとりグルグルから抜け出すことができます。

 

そこで、ものごとの状況や人のこと、そして自分自身のことが雲が晴れるように見えてくることでしょう。

 

 

人に話を聞いてもらうこと、それはあなたの心にある重荷を軽くして再びパワーを取り戻すことです。

 

そして、自分自身を客観的に見つめ、問題から目をそらさずに前進する道を見つけることです。

 

 

欧米の経営者は、経営コンサルタントや税理士のように、ブレーンのひとりとしてそれぞれお気に入りのマイカウンセラーをつけています。

 

日々多くの選択に迫られ正確な決定・健全な経営の舵取りをするためには、心の状態を自分自身で客観的に把握しておく必然性を実感しているのです。

 

健康でクリアなメンタル維持がなければ、明確な判断などできないと考えています。

 

 

あなたが素の自分に戻り本当に言いたかったことを言える場を確保することは、あなたの人生を力強く前進させます。

 

カウンセラーはあなたが安心して話せる場・スペースを提供します。カウンセラーの場を利用して、人生を素早くステージアップさせることを実現してください。

 

 

カウンセラーは、あなたが秘めているパワーや美しさに出会えることをワクワクと楽しみにしています。