社長が訊く

社長が訊くとは

はじめに

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさん、こんにちは。合同会社シクロの山崎と申します。

代表社員という立場で、社内では『社長』と呼ばれています。

 

合同会社シクロは、少なくとも僕が知る限りの福祉業界の中では、

これまでにない、新しいアイデアと活力に満ちた集団、法人だと思っています。

 

この法人には資金もなければ歴史もなくて、

ただそのアイデアと活力の源泉は、

シクロを構成するスタッフ、すなわち人の魅力の集合体なのだと思っています。

 

合同会社シクロがどのようなメンバーで、また意図で構成されているのか、

現場で、また後方から関わってくれているスタッフの声を

ひとりずつ拾っていくことで、

本日から少しずつみなさまにお伝えしていけるのではと考え、


ユニークな(自分でいうのもなんですが)連載を始めることにいたしました。

 

自分で自分の会社の社員に取材するという、幾分変わった試みではありますが、

私自身、合同会社シクロができた経緯や背景、現状や未来の行き先を 

スタッフの声を通してあらためてきちんと確認し、

残しておきたいという思いもあります。

当法人の唯一の財産とも言えるスタッフ達を、自慢したいのかもしれません笑。 


また、スタッフの魅力や人となりを知ってもらうことで、

こんな人達と一緒に働いてみたい、

そう思ってくれる人が一人でも増えると嬉しいですし。

 

当事者でしか訊けないこともたくさんあると思いますので、

どうぞ、よろしくお願いいたします。

 

合同会社シクロ

代表社員

山﨑 昌宣

 

 

 

 

vol.1

第1回 ケアマネジャーに聞いてきた


 

脇元:第1回目の職員紹介です。第1回目はもちろんこの方です。

自己紹介をお願いします。

 

小原:シクロケアプランセンターのケアマネージャーで

管理者をさせていただいております、小原です。よろしくお願いします。

 

脇元:シクロの重鎮(一球目の入り方は慎重にby野村克也)…

いやムードメーカーの小原さん!

よろしくお願い致します。

では、早速質問に入ります。

小原さんがこの仕事を始めたきっかけは何ですか?

 

小原:介護の仕事を始めたのは、約10年前なんです。

それまではパソコン、雑誌編集、イベント企画など、

どちらかというと文化面に携わる仕事をしていたのですが、

月によって仕事の量が安定しなくなったことで、ヘルパー資格を取りました。

 

脇元:今とは全く違うお仕事をされていたのですね。

 

小原:それまでは、高齢の方、認知症の方、障がいを持った方のことをよくわかっておらず、

何か大事な部分を知らないままで過ぎていくことへの抵抗を感じていたので、

当時、介護の仕事への道が広く開かれていたことは、

私にとってラッキーだったと思っています。

 

脇元:10年前というと介護保険法が改正された頃ですよね。

介護関係のお仕事の中で、シクロに決めた理由は何ですか?

 

小原:シクロへ入社するまでは、現在も住んでいる奈良市の自宅から

歩いて10分で通える訪問介護センターの管理者をしていたのですが、

転職を考えたとき、それまでとはまったく違う環境で働きたいと大阪での求人を探していました。

シクロで働くことになったのは、西成区の会社とのことで、

自分がそれまで知らなかった世界に仕事を通して入っていき、

いろいろ経験できるのではないかということで、入社を決めました。

 

脇元:休日はどのように過ごされていますか?

 

小原:いちばん好きな時間は、家で音楽を聴いたり、

映画を観たりしてのんびり過ごすことです。

高齢の母とゆっくり過ごす時間もなるべくとるようにしています。

奈良や大阪でのライブ出演やその練習、音楽仲間との交流も楽しんでいます。

 

脇元:来年はシクロでディナーライブお願いしますね。

 

小原:いやいや、会社では歌えませんよー!

(心の声:ギャラが発生しないのに只で歌うはずないやろ)

 

脇元:現在の目標は何ですか?

 

小原:以前は、目標を設定し、そこへ向かって努力して

達成するのがあるべき姿だ、

と思っていたようなところがあったのですが、

介護の仕事をするようになった頃から、目の前の人や仕事に真摯に向かうことを重視するようになり、

あまり先のことは考えないようになってきました。

それがいいのか悪いのかはわかりませんが(笑)

一生懸命やることと、その積み重ねで経験値をあげていくことが、

結果的に私の目標とする人生のあり方に繋がっていけばいいなと思っています。

 

脇元:次に紹介するスタッフについて、どう思いますか?

 

小原:たくさんのスタッフが仕事をする訪問介護の現場を

統括するお父さんのような方ですね。

優しさ、厳しさを兼ね備え、打つべき手を確実に打てる方なので、

私も頼りにさせていただいています。

 

脇元:小原さん、ありがとうございました!

 

写真を撮ると。可愛くとれた?(無茶な事を・・・)とお茶目な小原さんでした。

 

次回紹介するスタッフは

訪問介護の現場を統括するお父さんのような方ですので、

お楽しみに。

次回も見て下さると嬉しいです。

 

文責 わきもと

加筆修正 やまざき

1
Today's Schedule
2018.07.22 Sunday