Welcome

革は生きた証

人間に同じ人がいないように、革も一つとして同じものはありません。

生きてきた個性があります。

虫刺されの後、喧嘩の傷跡、一つ一つ愛おしい

第二の生きた証になるような鞄を作りたい。

そして、あなたのための一つになるように。

Information