よくあるご質問

保護者様からのよくあるご質問をまとめました。

    k.gif

 

 

Q1.pngBenesseこども英語教室は、ほかの教室とどこが違うのですか?

Q2.pngBenesseこども英語教室では、どんな力がつくのですか?

Q3.png子どもがレッスンを楽しめるか心配です。

Q4.png幼児・小学生からのはまだ早い?

Q5.png日本人の先生の良さは?

Q6.png発音は良くなりますか?

Q7.png宿題はありますか?

 

 

 

 

Q1  Benesseこども英語教室は、ほかの教室とどこが違うのですか?

A1 言語習得のプロセスと、子どもの発達段階や興味・関心について研究しつくしたベネッセだからこそできるサービスをご提供しています。

言語習得のプロセスにこだわって、毎回のレッスンでスパイラルに力が積み上がるプログラムをご用意。子どもたちの成長や興味に合わせて使用する語彙や題材を厳選し、子どもたちにとって意味のある語を、子どもたちが夢中になれるアクティビティの中でくり返し使うことで、効果的に英語を習得することができます。
(プログラム・先生の研修については、外国語教授において実績のあるBerlitzのサポートを受けています。)

 

Q2 Benesseこども英語教室では、どんな力がつくのですか?

A2 お子さまの発達段階に応じて、最も効果的に、将来につながる「使える英語力」をつけていきます。

 

【Kidコース(年少・年中・年長)】

幼児に身近なテーマに沿って、メインキャラクターのPipponやしまじろうと一緒に楽しく学べる工夫がいっぱいのカリキュラムです。遊びを通じてたくさんの英語に触れることで、英語に自然に反応できるようになり、英語が好きになります。

 

【Elementaryコース(小1・2)】

子どもたちの「やりたい」気持ちを大切に、夢中になれるアクティビティを通じて、たくさんのinputとoutputをくり返すことで、3~5語文の会話で、相手の話を理解し自分の言いたいことや聞きたいことを伝えられるコミュニケーション力がつきます。たっぷりふれた音を文字と結びつけ、「読む」「書く」力の基礎をつくります。

 

【Intermidiate(小3・4)】

頻出語や既習単語が読めるようになり知っている単語を書けるようになります。覚えた表現を「型」として使って、自分や家族・友だちのことを発表することに挑戦します。

【Advance(小5・6)】

 キーワードは「対話重視」。これからの中学英語で求められる力を、小学生のうちから鍛えます。レッスンの中では、よく使う表現を「聞く・読む・話す・書く」のすべての領域で学ぶだけでなく、それを使って、一人ひとりが瞬発力・運用力を育むトレーニングを行います。「覚えているかの確認」ではなく「自分で言いたいことを伝えようとする姿勢」をみるので実践で使える表現力が身につきます。

Q3 子どもがレッスンを楽しめるか心配です。

A3 Benesseこども英語教室ではレッスンの中で歌やダンス、ごっこ遊び、お話の読み聞かせなどバラエティ豊かな活動を取り入れています。

さらに先生がお子さま一人一人の特徴を見ながら、お子さまの気持ちに沿ったレッスンを展開していきますのでご安心ください。

 

Q4 幼児・小学生からのはまだ早い?

A4 早くからはじめることにより英語の耳や口を育てる、さらに遊び感覚で英語を体得できる、英語を英語のまま受け入れることができるなど、英語学習において多くのメリットがあります。

英語が好き、得意と思うきもちを育てるためにも幼児期からのスタートをおすすめします。

 

Q5 日本人の先生の良さは?

A5 「外国語」として英語を学んだ経験から、子どものつまづきやすいポイントを熟知しており、きめ細やかなフォローが可能です。

また保護者ともしっかりと日本語でコミュニケーションが取れるので安心です

 

Q6 発音は良くなりますか?

A6 はい。早いうちに正しい発音をたくさん聞くことは、とても大切です。

Benesseこども英語教室では、正しい発音をたくさんインプットしていきますので、耳がよく、口の筋肉が柔らかい小さいお子さまほど上手にまね、きれいな発音で話せるようになります。

 

Q7 宿題はありますか?

A7 はい、ございます。Benesseこども英語教室では週1回のレッスンに加え、ご家庭で毎日5~10分英語に触れていただく仕組みを作っています。

教室でのレッスンと連動した家庭教材で、家でもたくさん英語にふれることができ、定着が高まります。

b.gif

 

 

 

 お問い合わせ.png

 

 【お問い合わせ】

Benesseこども英語教室 稲毛駅前教室

043-441-3515(吉川)

culture@wnl.jp(10時~20時)